TwitterはSNSの中でも匿名性が高く、多くのユーザーが裏アカウント(裏垢)で密かに本音をつぶやいているようです。しかし、匿名にしていたはずの裏アカウントがリアルな友人や同僚にバレてしまうケースは少なくありません。Twitterの裏アカウントがバレないようにする設定方法を見ていきましょう。

Twitterのおすすめユーザーでバレる

裏アカウントがバレるケースとして、最も可能性が高いのが「おすすめユーザー」への表示です。Twitterには、利用者に近いユーザーや、電話番号やメールアドレスを知っている人を積極的に「おすすめユーザー」として表示する機能があります。

例えば、友人のAさんがあなたの電話番号やメールアドレスを知っていてTwitterを利用している場合、Aさんのおすすめユーザーに裏アカウントが表示される可能性があるというわけです。

そこで、Twitterの裏アカウントがリア友にバレてしまうのを防ぎたい場合は「おすすめユーザー」に表示されないように、プライバシー設定を変更しておかなければなりません。

Twitterおすすめユーザーに非表示

Twitterでおすすめユーザーに非表示となる設定の仕方は、Twitterのプロフィールアイコンをタップして「設定とプライバシー」→「プライバシーとセキュリティ」→「見つけやすさと連絡先」へ移動。すべての項目をオフにします。

また、既に連絡先をTwitterに同期してしまっている場合は、「すべての連絡先を削除」をタップしてデータを削除するのです。また、裏アカウントを新規で作成する場合は、作成中に連絡先をアップロードしないのがポイントです。

具体的には「アカウントを作成」で名前と電話番号を登録した際、「プライバシーの設定」で「連絡先をアップロードして同期し、Twitterユーザーが含まれるかチェックする」のチェックを外します。または、アカウント作成後に「連絡先のアップロード」で「今はしない」をタップするのです。

【関連リンク】
Twitter乗っ取りのパスワードを入手する方法
Twitterの裏アカウントの画像を見つける方法
ネットストーカーのTwitter利用者の特定方法
Twitterで乗っ取りがなくならない2つの理由
Twitterの影響力を簡単にチェックする方法

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「Twitter裏垢はおすすめユーザーからバレる危険