Windowsには1985年発売の1.0時代から、標準アプリとして「電卓」が付属していました。現在のWindows10でもその伝統は変わらず、標準で利用可能です。そして、Windows7/8.0/8.1の電卓からウインドウ内のレイアウトが一新され、Windowsの電卓は新たな機能を追加したものとなっています。

Windows10の電卓の履歴機能が便利

Windows10標準アプリである「電卓」は、スタートメニューから電卓アプリを選択すれば起動します。Windows10の電卓で、使いこなすと便利なのが「履歴機能」です。

これは、電卓を起動してから終了するまで、計算式とその結果が最大20件まで履歴として残るというもの。残された計算の履歴は、標準状態では電卓ウィンドウの右側に表示されます。

もし、履歴表示があるとわずらわしい、ということであればウィンドウの幅を狭めて縦長にすればOK。シンプルな10キーと計算画面だけの表示になります。右上の履歴アイコンをクリックすれば履歴が表示される仕組みです。

Windows10の電卓の履歴をコピーする

Windows10の電卓の履歴に保存された内容を呼び出したいときには、その履歴部分をダブルクリックすれば計算式ごと左側の電卓画面に戻すことができます。さらに、計算結果だけが欲しいときには履歴を右クリックしてコピーを選択。これで、クリップボードに結果が保存されるので、必要な場所にペーストして使えます。

このWindowsアプリに限らず、電卓での計算にメモリ機能を活用している人は多いでしょう。そこで、Windowsの電卓にも「M+」「MR」といったメモリ機能用のボタンが用意されています。しかし、履歴機能を使えば、簡単なコピー&ペーストでメモリ機能と同様、あるいはそれ以上に便利になるのです。

それでは、なぜWindows10の電卓にいまだメモリ機能が残っているのでしょう。実は、計算の履歴とは別に、過去にメモリに保存した内容も20件まで保存されるのです。つまり、履歴・メモリあわせて最大40件分の計算結果を、電卓アプリを起動している間、参照可能になります。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「Windows10の電卓に「履歴」があるの知ってた?