警察による事件解決に、防犯カメラ映像はいまや欠かすことができない存在です。防犯カメラ映像から警察がどのように犯人を追跡していくのか、元刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏に実情を聞きました。警察の画像解析技術は、不鮮明なナンバーでもほぼ間違いなく判別できるレベルなのです。

警察の防犯カメラの画像分析システム

最近の防犯カメラは、安価なのに鮮明な映像の機種が増えています。また、死角のない360度カメラも登場。とはいえ、どうしてもデータは圧縮され、低解像度・低画質になりがちな傾向。カメラの性能よりも、不鮮明な映像をどうクリアにするかに警察は力を注いでいるようです。

警察は犯罪が発生すると、すぐに防犯カメラの映像を押さえます。捜査支援分析センター、いわゆるSSBCでDAIS(捜査支援用画像分析システム)を使えば、不鮮明で全く判別できないナンバープレートの数字も簡単に判読可能です。

捜査支援分析センターは、犯罪捜査で得られた情報を集約・分析し、迅速に犯人を割り出すために2009年に新設されました。また、DAISは隣接する画像情報による補完で、粗い画像を鮮明にできる画像分析システムです。ナンバープレートの数字は0~9までしかないため、少ない情報でも解析が容易で、ほぼ間違いは無いようです。

警察は防犯カメラで犯人を追いかける

そして、街中に設置されている防犯カメラは1台ではありません。犯人は空を飛んで移動するわけではなく、必ずどこからか来てどこかへ移動していくもの。必ず複数の防犯カメラに映っているはずです。

どの防犯カメラに映っている可能性があるかは、現場で確認します。犯行現場が歌舞伎町なら新宿駅や新宿3丁目駅など、周辺のカメラに映っていないかもすべてチェック。不鮮明な映像も別のカメラでは鮮明に撮られている可能性もあります。

警察の捜査では個々の防犯カメラの映像は最新の捜査支援用画像分析システムで映像を鮮明にしていくのですが、その一方で、複数の防犯カメラを利用して、犯人を包括的に追いかけていくことも大事なわけです。

防犯カメラ映像による人物の特定も飛躍的に容易になりました。不鮮明な画像でも骨格から犯人を割り出すこともあれば、後ろ姿で顔が全く映っていなくても歩き方などその人のクセからも分析できます。これは歩容鑑定という歩き方をカギとして人物を特定する手法。わずか2歩分の映像でも鑑定可能といわれます。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「警察が防犯カメラの映像から犯人を追跡する手法