YouTubeの再生前や再生中などに表示される広告は、ホントに邪魔なもの。それらのすべてをきれいさっぱり消すことは難しいのですが、無料ツールである程度は対策することが可能です。PCならブラウザにアドブロックアドオン、スマホならアドブロックアプリを導入してYouTube広告を消しましょう。

YouTube広告を消す「Adblock Plus」

YouTubeに表示される代表的な広告には「インストリーム広告」と「ディスカバリー広告」の2つがあります。

動画の再生前・再生中・再生後に表示される、大きめの広告がインストリーム広告。スキップできるものとできないものがあります。一方、検索結果や関連動画に表示される動画広告がディスカバリー広告。クリックすると動画広告が再生される仕組みです。

YouTube広告を消す方法は、PCならアドブロックアドオンをブラウザに導入。広告をブロックするアドオンは各種あります。中でも定番が「Adblock Plus」。ブラウザにインストールするだけでOK。うまく機能しないなら、他も試してみましょう。

なお、Adblock Plusが有効だと、正常に動作しないページもあります。その場合は、Adblock Plusを無効化すれば問題なく動作するはずです。

YouTube広告を消すアプリを導入する

スマホのYouTube広告を消す方法は、iPhoneならSafariにアドブロック機能を追加します。App Storeから「広告ブロック for youtube !」をインストール。そして、Safariの設定内にある「コンテンツブロッカー」を開きます。

ここで広告ブロック for youtube!の「AdBlock」を有効にして、SafariでYouTubeにアクセスするだけです。ただし、YouTubeアプリでは機能しません。

Androidなら改造アプリ「YouTube Vanced」を導入。YouTube VancedはYouTubeアプリの改造版なので、Google Playではなく公式サイトからAPKを入手します。提供元不明アプリのインストールを許可して導入するのです。

YouTube Vancedは、広告カット機能が標準で動作。ディスカバリー広告やインストリーム広告が再生されません。動画視聴が捗るでしょう。

【関連リンク】
テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
YouTubeの検索テクニックを駆使して動画を探す

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「パソコンとスマホでYouTube広告を消す方法とは