フリーソフトの「VLC media player」は、動画再生の定番プレーヤーの1つです。MP4やAVI形式の動画はもちろん、TS抜きをしたTSファイルや、DVDをリッピングしたISOイメージの再生など、多用な動画形式に対応。そして、インターレースの解除や縦横回転の調整など、再生に関してだけでも重宝する機能が満載です。

動画再生プレーヤーでファイルを変換

再生ソフトながら、VLC media playerはファイル形式の変換が可能。ファイルを選び、プロファイルで形式を指定すればOKです。FLV形式の動画を簡単にMP4形式に変換できました。以前のバージョンからある機能ですが、安定度が増して実用的になっています。

VLC media playerは再生画面のダイレクト録画が可能です。「表示」→「拡張コントロール」を有効にすると、ツールボタンが追加されます。

動画やDVDを再生中にこの赤い録画ボタンを押すと、その再生画面のキャプチャが可能というわけです。録画ファイルは、ビデオフォルダにMPEG形式で保存されます。

スマホの動画をテレビで再生する

VLC media playerは2.0以降のバージョンから、暗号化されていないオリジナルBD(BDMV)の再生が可能になりました。標準設定はDVDなので「メディアを開く」→「ブルーレイ」を選択すればOKです。

なお、AACSに関するデータ「KEYS DATABASE」「AACS DYNAMIC LIBRARY」を組み合わせれば、市販BDソフトの再生も可能になります。

VLC media playerは、スマホ用のVLCアプリがバージョンアップしたことで、同一ネットワーク上にあるChromecastへの転送が可能になりました。再生画面右上のキャストボタンをタップすると、スマホの動画をテレビに表示させられます。

【関連リンク】
テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
YouTubeの検索テクニックを駆使して動画を探す

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「万能な動画再生「定番プレーヤー」使いこなし術