アップデートの度に機能が追加されるWindowsですが、その多くは埋もれたまま使われずじまい。一方でこれまで使えていたメニューが使えなくなるケースもよくあります。そこで、ここではあまり目立たないけど、使うと便利なWindows10の便利機能を紹介しましょう。

Windows10で目を保護する便利機能

夜間モードを設定して目を保護するWindows10の便利機能は、設定の「システム」→「ディスプレイ」内にある「夜間モード」をオン。「夜間モードの設定」をクリックすると、色温度やモード切り替えの時間などを設定できます。

一時ファイルの削除で空き容量を確保するWindows10の便利機能は、設定の「システム」→「ストレージ」内にある「今すぐ空き領域を増やす」をクリック。削除してもいい項目をチェックして、「ファイルの削除」をクリックします。

パフォーマンス優先の高速設定に変更するWindows10の便利機能は、設定の「システム」→「バージョン情報」をクリック。右側の下のほうにある「システム情報」をクリックします。

ここで左側の項目の「システムの詳細設定」をクリック。「システムのプロパティ」の「詳細設定」が表示されるので「パフォーマンス」の「設定」をクリック。ここで「パフォーマンスを優先」を選択して「OK」を押します。なお「カスタム」を選んで、個別に視覚効果を残すことも可能です。

Windows10不要な通知を絞る便利機能

Windows10の多すぎる通知を最低限に絞る便利機能は、設定の「システム」→「通知とアクション」を開き、通知を無効にしたいアプリを「オフ」にします。不要な通知が無くなり、通知ボックスがキレイになるでしょう。なお、Chromeの通知アクションはブラウザの設定から管理できます。

アクセス許可制限でセキュリティを向上するWindows10の便利機能は、設定の「プライバシー」を開き、左側から「アプリのアクセス許可」に並んだ「位置情報」や「カメラ」といった項目を選択します。

続いて、その項目のアクセスを許可するアプリについてオン/オフを切り替えるのです。アクセス許可する項目ごとに、アプリを個別にオン/オフできるので、不要な情報漏洩を防げます。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「Windows10視覚効果を削って高速化する便利機能