途中区間の運賃を支払わずに列車に乗る「キセル」は、自動改札機がキップや定期券へ入場記録を入れることで、防止できるようになりました。しかし、キセルは後を絶ちません。鉄道イベントでのキセルが一網打尽になった顛末を見ていきましょう。キセルの温床だった有人改札がキセル防止に一役買いました。

キセル乗車して首都圏から来る人間

2019年11月4日に、JR上越線でイベント列車が運行されました。イベント列車の写真を撮るために、水上駅(群馬県利根郡みなかみ町)の近くにある撮影ポイントには、大勢の撮り鉄が集まったのです。

しかし、その中には首都圏からキセル乗車して来る不届きな人間も少なからず存在していました。彼らが利用したのは、利用日と区間を指定した普通乗車券も発券できる指定券自動券売機(MV端末)です。

そして、気になるキセル乗車の手口というのは、この指定券自動券売機で事前に購入していた水上駅の1つ手前の無人駅、上牧駅からの初乗り190円キップで水上駅を出場するというものです。

キセル乗車が連携によって一網打尽

そもそも不正乗車をキセルと呼ぶのは「煙管(きせる)」が語源。煙管では吸い口とたばこを乗せる部分にのみ金属を使用して中間部分は竹など金属以外の素材を使うことが、中間の運賃を払わない不正乗車と構造が似ていることからキセル乗車と呼ばれるようになりました。

こうなることが分かっていた水上駅では、キップの乗客はすべて有人改札を通るように変更し、さらに上牧駅などの近隣の無人駅に駅員を配置しました。無人駅からの乗車人数を確認し、水上駅へ「乗客無し」を報告していたのです。

この連携によりキセル乗車の一団は一網打尽になりました。キセルの温床にもなっている「有人改札」ですが、今回は有人改札によってキセルを防止することができたわけです。

【関連リンク】
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
誕生日特典でお得な切符「バースデイきっぷ」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「キセル乗車の一団が一網打尽となった手口とは?