ドライバーの多くが高速道路ではETCを使う時代、パトカーにもETC車載器付きのものが増えています。とはいえ、そもそもパトカーは高速道路がタダという話もあるなか、何のためにETC車載器を取り付けているのか、疑問に思う人も少なくないでしょう。高速を走るパトカーの料金事情を見ていきます。

緊急時のパトカーは高速料金が無料

パトカーの場合、原則として緊急走行をする場合のみ「緊急自動車」扱いとなり、信号や逆走禁止といった道路交通法で定める交通規制が一部免除になります。そして、高速道路で料金を徴収する根拠となる「道路整備特別措置法」でも、緊急自動車は通行料金免除と決めています。

しかし、パトカーの通行料金が無料となる条件は緊急走行時に限りません。実は、道路整備特別措置法に基づいて出された「料金を徴収しない車両を定める告示」というものがあり、パトカーの場合「警衛、警護若しくは警ら又は緊急輸送その他の緊急の用務のため使用する車両」であれば通行料金無料となるのです。

つまり、急ぎの用事でパトカーが高速道路に乗る場合、緊急走行時に必要な赤色灯を回しサイレンを鳴らさなくても、すべて通行料金が無料となるのです。また、高速道路交通警察隊の場合は高速道路上を「警ら」することが仕事なため、当然ですが一般走行時も通行料金無料になります。

パトカーがETC車載器を装備する理由

しかし、パトカーであっても「本庁で行われる定例会議に参加する」といった、急ぎの用事ではなく一般走行をする場合には、通常料金を支払う仕組みです。実際、警視庁の通達によると「緊急用務ETCカード」と「一般用務ETCカード」を、業務内容に応じて使い分けるよう定めています。

とはいえ、白黒パトカーの多くは「無線警ら車」で、走行自体が警らといえるため、通行料金が発生するケースはほとんどありません。なぜ白黒パトカーがETC車載器を備えているのかといえば、料金所を通過する際の手間を省くためです。

パトカーがETCなしで高速道路を無料で走行する場合、各都道府県警が発行する公務証明書などの書類が必要。この書類を料金所で確認したうえで、NEXCO3社などが無料走行を認めています。

そのため、緊急な用事ではこの料金所を通過する時間も惜しいこともあり、それを省くためにETCを導入しているのです。そして、その際はETC割引どころか、無料で高速道路を通行できるのでした。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「高速を走るパトカーにもETC割引は適用される?