警察官が制服の胸に着装している階級章は、警察グッズの専門ショップでこだわりのレプリカを購入できます。なお、公共の場で警察の制服や装備品を身に付ける行為は、軽犯罪法などの法律に抵触する可能性があります。コスプレなどを楽しむ場合は、部屋の中など私的な場所で行いましょう。

警察グッズとして警察官の階級章

警察官は階級制で、階級章で外観から見分けられます。職務質問などで問題がおきたときは階級章を見分けて上官と交渉するのが鉄則です。そんな階級章のレプリカも警察グッズとして購入できます。

警察官の階級章は、中央の紺色の地に金色の日章を配したデザイン。横板の地色とその下の桜葉の色、横板のバーの数で階級を判別します。警視庁では、副総監・主要部長レベルとなるのが「警視監」の階級章。地色は金、草の色も金で、横のバーが3本です。実勢価格は3,800円となります。

横のバーが2本になると「警視長」(実勢価格3,400円)、1本になると「警視正」(実勢価格3,000円)。横板の地色が銀になって草の色が金だと、上から「警視・警部・警部補」の階級章になります。

警察グッズには階級章のほか識別章

さらに、階級章の横板が銀で草の色も銀になると「巡査部長・巡査長・巡査」。警察グッズの階級章の実勢価格はバーの数で違っていて、それぞれ3,800円、3,400円、3,000円です。

警察官は階級章の他に識別章を装着。半円部分の表面にはアルファベット2文字と3ケタの数字からなる識別番号を記載、裏面には所属する都道府県警察の名称が書かれています。

胸に着装している階級章と一体型で、識別章の表面と裏面は差し替え可能です。階級章と同じように識別章は警部補クラスと警視正クラス、巡査クラスで地色に違いがあって、警部補クラスは金と銀が混ざった識別章を付けます。

ちなみに警視正クラスは全面が金、巡査クラスは全面が銀となっていて、いずれも実勢価格は900円です。これらの警察グッズが購入できるショップが「ラッキーポイント」。スマホ&無線機ケースなどの革製品や階級章が充実しています。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「階級で値段が変わる警察グッズの階級章レプリカ