さまざまな防災テクニックや知識が紹介されていると話題のツイッターアカウントが、警視庁警備部災害対策課の公式アカウント(@MPD_bousai)です。災害対策の専門家らが検証したものだけあって、どれも知っていると役立ちそうなものばかりです。ふだんの生活でも応用可能な防災テクニックを紹介しましょう。

警視庁ツイッターの実用的な防災テク

警視庁ツイッターが指南する防災テクニックに「ペットボトルで湯たんぽを作る」というものがあります。空のペットボトルにお湯を入れてフタをするだけ。停電時などで寒さをしのぐなら、ペットボトルで作る簡易湯たんぽが簡単かつ実用的です。

ふだんの生活でも、使い捨てカイロの代わりに、ペットボトル湯たんぽは利用できます。不要になったら、中身の水を捨ててペットボトルをゴミ箱に入れれば、使い捨ても可能です。

「エコバッグを包帯&シューズ代わりにする」というのは、意外に実用的な防災テクニック。靴が濡れないようにレジ袋をシューズ代わりにする光景を目にしますが、布製のエコバッグは強度がビニール袋に比べて強くいろいろと使えます。

今の季節に実用的な防災テクニック

腕を骨折してしまい固定する時は腕吊りに、また裸足の時は簡易的なシューズに。一般の男性なら、A4サイズのエコバッグで十分でしょう。災害時に備えて防災袋の中に1枚入れておくと助かります。

「マスクでメガネを曇らなくする方法」も、今の季節に実用的な防災テクニック。メガネをかけている時にマスクをすると、どうしてもレンズが結露して曇りがちです。見た目もあまり美しいとは言えません。

そんな時はマスクにティッシュを1枚あてがうと、ティッシュが呼吸の水蒸気を防いでメガネが曇りません。ティッシュで覆うのはマスクの上半分。これでマスクをしていても、息でメガネが曇る心配がなくなります。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「専門家が検証「マスクを曇らなくする方法」とは