ひたすら航空会社のマイルを貯める「マイル修行僧」と呼ばれる飛行機好きの存在はだいぶ世に知られるようになりました。彼らがマイルを貯める目的は、空港ラウンジ利用などの特典がある「マイル上級会員」になること。そして、ANAの上級会員を目指すマイル修行僧が密かに愛用するクレジットカードが存在するのです。

貯まったポイントをANAマイルに交換

アメリカン・エキスプレスが発行している「スカイ・トラベラー・プレミアカード」は、同社発行のカードのなかでも、とくに航空便やツアー旅行などの利用についてのポイントサービスが手厚くなっているものです。年会費は3万8500円と、一般的なゴールドカードより高めの設定になっています。

スカイ・トラベラー・プレミアカードのポイントは、ANA・JALをはじめ大手航空26社でWebサイトなどから直接航空券を購入した場合、通常100円で1ポイントのところが5ポイント貯まる仕組み。また、日本旅行とアップルワールドで旅行商品を購入したケース(一部を除く)も、同様に100円で5ポイント貯まります。

貯まったポイントは、航空会社14社のマイルへ1ポイント1マイルとして交換可能。交換対象会社にJALは含まれていませんが、ANAに関しては年5000円を支払うことで交換ができます。5000円は高いと思うかもしれませんが、新規入会時と年会費支払時に5000ポイントのボーナスがあるため、実質無料ともいえます。

マイル修行僧はANAコインに交換

スカイ・トラベラー・プレミアカードがANAマイル修行僧に人気なのは、ANAマイレージにはマイルを航空運賃に充てられる「ANAコイン」という仕組みがあるため。交換率自体は1マイル1円と低いものの、ANAコインで購入した航空券については、特典航空券と違い上級会員の資格に必要な「フライトポイント」が付くのです。

フライトポイントとは、ANAおよびスターアライアンス各社の航空便を利用した際に貯まるもの。ANAマイレージの1マイル=1ポイントを基準に、ANAカードの有無や上級会員かどうかなどによって決まります。毎年3万ポイント以上で「ブロンズ」、5万ポイントで「プラチナ」、10万ポイントで「ダイヤモンド」となります。

スカイ・トラベラー・プレミアカードのポイントは、ANAだけでなくJAL便の航空券や日本旅行で新幹線の切符を購入した際にも100円5ポイントとして貯まっていくこと。こうして貯めたポイントをANAマイルに交換し、さらにANAコインに替えて航空券を購入すれば、JALや鉄道の利用もANAマイル修行に使えるのです。

ANAマイル修行はプラチナを目指す

ANAにおけるマイル修行の場合、ひとつの目安となっているのが5万ポイント以上の「プラチナ」になります。というのも、ブロンズとプラチナ以上では上級会員としてのサービスが大きく変わってくるためです。空港でありがたいラウンジ利用や優先搭乗といったサービスは、プラチナ以上が対象となっています。

そして、プラチナ以上の会員に一度なれると、スーパーフライヤーズカード(SFC)というANAカードが発行可能になります。SFCは、カード契約を続けている限りフライトポイントとは無関係にほぼプラチナ同様のサービスが受けられるというカード。これさえあれば、毎年のようにマイル修行を繰り返さなくて済むのです。

ANAのプラチナ会員になるためには、相当工夫して航空便を利用したとしても60万円以上はかかるといわれています。その負担を少しでも減らし、フライトポイントを効率よく貯めるためのツールとして、スカイ・トラベラー・プレミアカードがANAのマイル修行僧たちの強力な武器となるのです。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ANA「マイル修行僧」が愛用するクレカの特典とは