会員登録が必要なものの、数あるETC限定割引サービスのなかでも、対象路線が幅広く利用回数に応じて最大50%が還元される「ETC平日朝夕割」は魅力的。しかし、ETC休日割引やETC深夜割引と比べ、時間に厳しい割引でもあります。そこで、ETC平日朝夕割を確実に受けるためのポイントを見ていきましょう。

ETC平日朝夕割の対象は毎日朝夕1回

NEXCO3社が実施しているETC割引のなかで、朝夕の高速道路利用回数に応じて最大50%還元になる「ETC平日朝夕割」はおトク度が高いサービス。ETCマイレージ会員限定であるため、会員登録が必要になるのが難点ですが、ETC休日割引やETC深夜割引より割引率も高いので、うまく活用したいところです。

ETC平日朝夕割は、もともと通勤時の高速利用を想定したものなのか、対象時間帯は土日祝日を除く6~9時、17~20時の毎日各1回ずつで、走行距離についても対象路線の100km分までとなります。還元率は月5~9回の利用で30%、10回以上が50%。通勤で5往復以上すれば、最大還元率の50%となる設定です。

さらに、ETC平日朝夕割で還元を受けた料金で走行した場合でもETC平日朝夕割の対象として利用回数・還元額とも計算される仕組みなので、多くのポイントシステムと違い30%や50%がそのままの割引率となります。ただし、ETC平日朝夕割の対象走行となった場合、ETCマイレージのポイントは付きません。

ETC平日朝夕割は対象時間帯に通過

このようにメリットの大きいETC平日朝夕割ですが、ETC休日割引やETC深夜割引以上に時刻判定で注意が必要なサービスになります。ETC休日割引やETC深夜割引が基本的に対象日・時間帯に高速道路内にいれば適用となるのに対し、ETC平日朝夕割では入口ICか出口ICのどちらかを対象時間帯に通過する必要があるのです。

通過時刻の判定については、どちらかが大都市近郊区間となっていてもOK。例えば、東京ICを6時30分に乗り名古屋ICを12時に降りたとしても、100km分について走行回数に応じた還元を受けられます。ただし、間に首都高速などの都市高速が入ると別カウントになるので注意が必要です。

なお、ETC平日朝夕割とETC深夜割引の両方が適用になる走行では、深夜割引の方が優先されます。とはいえ、対象となるには最低2時間以上走行することになるため、距離制限があるETC平日朝夕割よりも距離無制限のETC深夜割引の方がおトクになるケースがほとんど。それほど気にする必要はないでしょう。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「50%割引「ETC平日朝夕割」で損をしない走り方