高速道路では、白黒パトカー以上に注意したいのが「覆面パトカー」です。その存在に気づかずに、スピードを出し過ぎて覆面パトカーを追い抜いたら、知らぬ間に追尾されてスピード違反で取り締まられたりします。そこで、覆面パトカーを後方から判別するポイントについて確認しておきましょう。

覆面パトカーの天井にはフタがある

一口に「覆面パトカー」といっても、私服刑事が使う捜査用車両や公安警察が使う自動車なども該当します。しかし、ドライバーにとって怖い存在となるのは、交通違反取り締まり用の覆面パトカーです。

覆面パトカーかどうかの最大の外観的特徴は、天井にある「赤色回転灯用のフタ」です。覆面パトカーの赤色回転灯は、ボタン一発で天井の一部が反転して出てくる仕組みになっています。ただし、この天井のフタが後方から確認できるのはワゴンなど車高が高い自動車に限られます。

セダンなど、車高の低い自動車に乗っている場合に有効なのが「明るい青い服を着た2人組がフロントシートに座っている」というもの。これは、覆面パトカーは2人乗車が基本で、警察官は交通取り締まり専用の制服を着ているためです。

覆面パトカーの可能性が高いナンバー

このほか、後方から覆面パトカーを判別するポイントは、リアウィンドウの上部に取り付けられたやや大きめのアンテナ。これは、警察無線を使うためパトカーが必ず装備するもので「ユーロアンテナ」と呼ばれています。

最近の自動車では、ラジオやGPS用の純正アンテナは10cm程度とコンパクト。一方で、覆面パトカーのユーロアンテナは20cm近くあるので見た目でわかるでしょう。とはいえ、覆面パトカー風のオプションアンテナとして市販されてるので注意が必要です。

また、一見して普通のセダンなのにナンバーが「品川800」といったいわゆる8ナンバー車の場合、覆面パトカーの可能性が高くなります。8ナンバーとは、緊急車両などの特殊用途自動車に与えられるナンバープレートです。

ただし、最近は「多摩300」など3ナンバー登録の覆面パトカーも増えているので、「8ナンバーでないから大丈夫」と判断するのは危険です。

覆面パトカー用クラウンは専用モデル

確実性は低いものの覆面パトカーを判別する方法として「トヨタ・クラウンを見たら覆面パトカーを疑う」というものがあります。というのも、最近は交通取り締まり用の覆面パトカーにトヨタ・クラウンが採用されるケースがほとんどだからです。

もちろん、クラウンだからといってすべてが覆面パトカーであるはずはありません。しかし、クラウン限定で覆面パトカーを後方から見分けるポイントがあります。それは「トランクに車種グレードのエンブレムがない」ことです。

覆面パトカー用のクラウンは「クラウンパトロールカー」という専用モデルで、市販モデルではトランク右側に付くグレードを示すエンブレムがありません。事故などでトランクを交換したケースも考えられますが、エンブレム無しのクラウンは覆面パトカーの可能性が大です。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「後方から「覆面パトカー」を判別できるポイント