高速道路を走っていると、たまにIC近くで路肩をバックする自動車を見かけることがあります。ICを乗り過ごしたために戻ろうとしているのでしょうが、高速道路でのバックは交通違反であるだけでなく危険です。実は、高速道路会社は路肩をバックしなくても元のICへUターンして戻れる仕組みを用意しているのです。

高速道路の乗り過ごしで戻る仕組み

高速道路で目的のICを乗り過ごしてしまう経験はドライバーなら一度はあるはず。追越車線から走行車線へ戻れずにIC出口を過ぎてしまったなど、理由はさまざまでしょう。しかし、そうした場合は仕方なく次のICで降り、もう一度逆方向へ乗り直して戻る人がほとんどでしょう。

高速道路を余計に往復する形になるため、当然ながら通行料金は乗り過ごさなかった場合より高くつきます。そこで、通行料金をケチるために路肩をバックする危険な自動車が現れることになるわけでが、実はNEXCO3社は追加料金なしでも高速道路をUターンして戻る仕組みを用意しているのです。

NEXCO中日本の営業規則を見ると「利用者の事情による転回」という項目があり、同社の指示に従ってUターンして元のICへ戻る場合、乗り過ごした往復分はカウントしないという内容になっています。ここでポイントになるのが、「指示に従って」の部分。高速道路上で勝手にUターンしてはダメなのです。

高速道路の乗り過ごし時は特別転回

乗り過ごした次のICでUターンを行う場合、ETCを利用している場合でも高速道路会社の指示に従うため、一般レーンを利用します。そして、料金所にいる係員へ(自動精算機の場合係員を呼び出し)乗り過ごしたことを伝えると、ICごとに決められたUターンルートを案内されます。

そして、指示された通りUターンを行い反対方向を走り、本来降りるはずだったICで降りれば、乗り過ごした分の追加料金なしで通行料金が請求される仕組みです。なお、ICによっては「特別転回証明書」という特別な書類が発行され、これを利用しなくては適用されないケースもあり、注意が必要です。

また、スマートICなど構造上Uターンができない場所や、完全無人の料金所では、このシステムは使えません。その場合、有人料金所があるICまで走行した上で、Uターンの指示を受けるようにしましょう。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「高速道路の乗り過ごしをETCで追加料金なしで戻る