身分証明として広く使われている「運転免許証」。スマホの契約をはじめ、金融機関や公的機関でも必ず提示を求められます。そんな運転免許証にはICチップが埋め込まれていて、そこにはIC化前には免許証に記載されていた本籍住所が入っているのです。運転免許証のICチップ情報をアプリで読み取る方法を紹介しましょう。

運転免許証のICチップは顔写真の左

運転免許証のICカード化は2007年からスタートしました。偽造防止のために導入された運転免許証のICチップは、スマホのライトなどの光源を裏から当ててみると、顔写真の左側あたりに埋め込まれていることがわかります。

この運転免許証のICチップの情報は、NFC機能のあるスマホと無料Androidアプリ「IC運転免許証リーダー」で情報の確認が可能。このアプリを利用すると、運転免許証のICカード化前には記載されていた本籍地の住所が表示されます。

ただし、誰でも簡単に確認できるわけではなく、運転免許証発行時に登録した暗証番号が必要です。具体的には、アプリを起動後に暗証番号を入力。暗証番号1と暗証番号2の2種類が必要になります。本籍地と顔写真以外は「暗証番号1」でOKです。

運転免許証のICチップ内の個人情報

あとは、運転免許証にスマホを近づけるだけでICチップに書き込まれた個人情報が読み取れます。実際に正しい暗証番号を2つ入力すると「顔写真+本籍地情報」まで含めた免許証の情報がモノクロで表示されました。

表示されたデータにある項目は「名前」「ヨミガナ」「住所」「本籍」「区分」「誕生日」「免許番号」などです。「統一氏名」という項目は、機械による読み取り用と思われます。

ただし、暗証番号は3回間違えると情報を読み出すことができなくなり、警察署などで再発行してもらう必要があります。運転免許証のICチップの情報を読み取るときは、間違えてロックさせることのないように気を付けて行いましょう。

【関連リンク】
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
Cerberusはスマホを遠隔操作できる最強アプリ
ラジコの全放送を無料で地域外で聞く方法とは?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「運転免許証のICチップ情報が読み取れるアプリ