交通違反の赤キップと青キップは何が違うのでしょう? 比較的に軽い違反に渡される青い紙の「交通反則告知書」が青キップ。一方、重い違反に渡される赤い紙の「交通反則告知票」が赤キップになります。青キップと赤キップは書類の名称としては1字違いですが、その処分や前科などの内容は大違いなのです。

反則行為の青キップは反則金で済む

交通違反をすると違反点数が付きます。免許を取得すると、もともと0点だったところに違反の種類によって点数が付加されるシステムです。その点数が一定以上累積すると、免許停止や取り消しなどの行政処分が下されます。

例えば、一般道で時速15km未満の速度超過は1点、30km以上50km未満だと6点が付加。そして、違反点数とは別に交通違反の内容に応じた反則金や罰金を払う義務が違反者には発生するのです。

このうち、6点に満たない交通違反の中でも軽微なものを「反則行為」と呼び、一定期間中に反則金を払えば済みます。この「交通反則告知書」を通称・青キップというわけです。

赤キップの罰金は刑罰なので前科

これに対して、例えば酒気帯び運転は13点以上の違反点数が付き、刑事手続きをとらなければなりません。このような悪質な違反や重い違反には「交通反則告知票」が渡されます。これを通称・赤キップというのです。

刑事手続きをとる赤キップは、懲役または罰金という刑罰の対象となります。前科とは裁判で刑罰を受けたことがあるということ。赤キップの罰金も刑罰なので前科となるのです。一方、青キップは前科の付かない反則行為。赤キップと青キップの間にはかなりの差があるでした。

そもそも交通違反は、道路交通法違反になります。罰則付きの法律を犯すことは犯罪行為です。刑事手続きで扱わなければなりません。しかし、件数があまりに増大したために1968年に制度化されたのが「交通反則通告制度」です。

これは軽微な交通違反は反則行為とされ「反則金」を納付すれば刑事手続きで扱わないようにするという制度。いわゆる青キップと反則金の納付書が交付されます。これが赤キップと青キップの差がなるわけです。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「交通違反の青キップと赤キップの大きな差とは?