愛知県にある渥美半島最南端に位置する伊良湖は、太平洋や三河湾の景色を楽しみながら訪れるドライブスポットとして人気です。その伊良湖からほど近い場所に、テニスコートをはじめとするさまざまなアクティビティを備えた「休暇村 伊良湖」と、ETC限定高速道路乗り放題をセットにしたプランが現在発売中です。

ETC乗り放題と宿泊券1万円分セット

NEXCO中日本が販売する「休暇村 伊良湖 宿泊商品券付ドライブプラン」は、愛知県田原市にある「休暇村 伊良湖」の宿泊券1万円分とETC限定高速道路乗り放題がセットになったプランです。購入にはNEXCO中日本の会員サービス「速旅」への事前登録が必要で、申し込みは宿泊日の7日前まで受け付けています。

宿泊に関してはWebサイトや電話による直接予約のみの対応で、料金については現地決済のみが選べます。また、利用する宿泊プランに関しての制限はなく、本館近くに建てられたコテージ利用もOK。ペットと一緒に宿泊可能なコテージも用意されていて、ドッグランスペースも整備されています。

プランとセットになる宿泊券1万円分については、そのままの金額で使えるもので、特別な割引はありません。そこで、次にETC高速道路乗り放題部分を見ていくと、発着ICと乗り放題エリアの組み合わせで3パターンが用意されています。

ETC乗り放題エリアは東名と新東名

まず、八王子西IC・高井戸IC・東京IC・藤沢IC・茅ヶ崎海岸IC・大井松田IC・上野原ICに囲まれたエリア発着のプランでは、ETC乗り放題区間は東名高速御殿場IC~豊川IC・新東名高速御殿場JCT~新城ICと東名連絡道・中部横断道となります。有効期間は2日間で、価格は普通車5000円です。

次に、発着エリアが八王子西IC・高井戸IC・東京IC・藤沢IC・茅ヶ崎海岸IC・大井松田IC・相模湖ICに囲まれた路線に加え小田原厚木道路・西湘バイパスになるプランでは、ETC乗り放題エリアが足柄スマートIC・名港中央IC・岐阜羽島IC・岐阜各務原IC・五斗蒔スマートIC・富沢ICに囲まれた路線に拡がります。こちらの有効期間は3日間、価格は普通車7000円です。

そして、発着IC指定のないプランもありETC乗り放題エリアは東名高速富士IC~豊川IC・新東名高速新富士IC~新城ICと東名連絡道・中部横断道の区間です。有効期限は2日間で、価格は普通車3600円となります。

休日割引でもETC乗り放題がおトク

ETC乗り放題の3プランのおトク度を調べてみると、発着IC指定のETC乗り放題2プランについては休暇村 伊良湖の最寄りICである豊川ICと発着エリアで最も近い大井松田IC間の片道通行料金が休日割引で普通車3440円。往復6880円になり、有効期間2日間のETC乗り放題プランの場合は約2000円割安となります。

また発着IC指定なしETC乗り放題プランについては、東名高速利用の場合は焼津IC~豊川IC間が休日割引で片道普通車1930円で、これより東側からの利用であればETC乗り放題プラン利用の方が割安です。

また、名古屋方面までETC乗り放題エリアが拡がる3日間プランについては、伊良湖岬から伊勢湾フェリーで志摩へ渡り、伊勢・志摩観光を楽しむといった使い方も可能です。この場合、ETC乗り放題エリア外になる三重県方面の通行料金は別途必要になります。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「新東名と東名どちらもETC乗り放題になるプラン