身分証明書として運転免許証を提示したときに「免許証番号を控えさせてもらいますね」といわれることがあります。じつは、12ケタある免許証番号はランダムの数字の羅列というわけではありません。番号を読み解くことで、初めて免許証を交付された年や場所といった個人情報がわかってしまうのでした。

免許証番号はある法則に基づいた数字

運転免許証には顔写真と名前、生年月日、住所といった重要な個人情報のほか、12ケタの免許証番号が記載されています。この免許証番号は、個人ごとに振られた意味のないランダムな数字ではありません。

じつは免許証番号は、ある法則に基づいて数字が割り振られています。頭の1~2ケタは各都道府県の公安委員会の番号です。全国で51の番号が設定されており、例えば東京であれば「30」になります。

このほかの都道府県は北海道が10番台で、北海道が10、函館が11、旭川が12、釧路が13、北見が14です。東北地方が20番台で、青森が20、岩手が21、宮城が22、秋田が23、山形が24、福島が25となっています。

東京は30で、関東から甲信越は40番台です。茨城が40、栃木が41、群馬が42、埼玉が43、千葉が44、神奈川が45、新潟が46、山梨が47、長野が48、静岡が49。北陸や中部が50番台で富山が50、石川が51、福井が52、岐阜が53、愛知が54、三重が55となっています。

関西は60番台で、滋賀が60、京都が61、大阪が62、兵庫が63、奈良が64、和歌山が65です。中国地方は70番台で、鳥取が70、島根が71、岡山が72、広島が73、山口が74。四国地方が80番台で、徳島が80、香川が81、愛媛が82、高知が83となります。

免許証番号に免許を最初に取得した年

九州・沖縄地方は90番台で、福岡が90、佐賀が91、長崎が92、熊本が93、大分が94、宮崎が95、鹿児島が96、沖縄が97となります。

ただし、この公安委員会の番号は、初めて免許証を交付された公安委員会の場所。例えば現在の運転免許が東京都公安委員会から交付されていても、最初に交付された場所が千葉県であれば、東京都公安委員会が交付した運転免許証でも、免許証番号には「44」と記載されているのです。

免許証番号の3~4ケタは、同じように初めて免許証の交付を受けた西暦の下2ケタ。運転免許を最初に取得した年を知りたければ、運転免許証番号の3~4ケタを見ればよいというわけです。

なお、免許証番号の5~10ケタは各都道府県の公安委員会が独自に決めている管理番号。この6ケタの数字に関してはとくに共通した法則性はありません。5~8ケタがピンクになっている理由も不明です。

11ケタは「チェックディジット」と呼ばれる数字で、とくに意味のある数字ではありません。最後の12ケタは運転免許を再発行した回数です。運転免許証は12ケタの最後の数字を見れば、再発行した回数がわかってしまうのでした。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「運転免許証番号からわかる個人情報の内容とは?