東京都の全世帯に無料配布された『東京防災』は、地域ごとの防災マップと防災冊子がセットになった1冊。防災の知識や実践的なサバイバル術が多数掲載されています。ただし、どれもイラストでイメージしにくいのが難点。そこで、すぐに活用できるサバイバル術をピックアップして、実際に試してみました。

単三乾電池にタオルを巻いて単二に

災害時に困るのが、単二形仕様のラジオを使いたい時。乾電池は単三以外のサイズが入手しにくく、電源がなければラジオが聞けません。そんな時は乾電池の大きさを変更します。タオルを単三形乾電池に巻き、直径を2.6cmにすると代用できるのです。

というのも、日本の単一形・単二形・単三形・単四形といった乾電池は、電圧がすべて1.5V程度。乾電池の大きさは単なる容量の違い。このため、単一形乾電池に変換する場合、直径を3.4cmにしてアルミホイルなどで高さを合わせると使えるのでした。

災害時の停電で困るのが照明です。ペットボトルを簡易ランタンにするサバイバル術もあります。懐中電灯とペットボトル2本を組み合わせるとランタン代わりになるのです。

具体的には、空のペットボトルの頭を切って、その中に懐中電灯を上向きにセット。水を入れたペットボトルをその上に載せると、優しい光が広がるランタンでき上がりです。懐中電灯の代わりにスマホのライトも使えます。

牛乳パックを切ってスプーンに代用

牛乳パックでスプーンを作るサバイバル術も載っていました。500mlの牛乳やパック飲料の上の三角形の接着部分を切り取ったら、側面の中央をタテに切って4等分。角の部分を利用して形を整えれば、簡易スプーンの完成です。

牛乳パックの内側は耐水加工が施されているため、おかゆやスープにも使えます。切る角度で深さなどを調整するとよいでしょう。

空き缶2つとアルミホイルで簡易コンロを作るサバイバル術もありました。17cmに切ったアルミホイルを4つ折りにし、さらに内側に折ります。そして、アルミホイルにつまようじで穴を開け、細くねじったティッシュを挿入。これが芯になります。

アルミ缶を4cmと5cmに切り、4cmの方にサラダオイルを入れてアルミホイルをセット。芯に点火すれば完成です。お湯を沸かす程度なら十分な火力。コンロの数を増やすと火力をアップできます。

【関連リンク】
アルカリ電池を充電する究極のエコテクニック
バッテリー寿命で100均の単三電池を選ぶ!
9V電池が何回も使える006P型充電池がオススメ
マンガン電池なら100円ローソンがオススメ!
単三電池を100均で買うならセリアがスタミナNo.1

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「単三乾電池を単一や単二として代用する防災テク