台風で道路が冠水…といったニュースをよく目にするようになりました。防災グッズには、浸水を防ぐアイテムが必須かもしれません。とはいえ、土嚢袋を用意していても、実際に使うとなるとそれなりの準備が必要になります。そこで用意しておきたいのが、壁に貼り付けるだけで浸水を防げる「水ピタ防水シート」です。

水ピタ防水シートは貼り付けるだけ

昨今、台風やゲリラ豪雨など、水害事故が多発しています。自宅の浸水を防ぐために土嚢がよく使われますが、重くて扱いが大変です。そんな欠点をクリアしたのが、「水ピタ防水シート」です。壁に貼り付けるだけで浸水を防げます。

くればぁの「水ピタ防水シート」は、業務用メッシュやフィルターの製造会社が開発した商品で、ドアやシャッターなど水が侵入してきそうな場所に養生テープで貼り付けるだけというお手軽さが特徴です。

高密度繊維の薄いシートが壁にしっかり張り付き、耐水性と撥水性で水の侵入を守ってくれるのです。玄関だけでなく、コンビニの入り口やガレージなど、さまざまな場所で活用できます。

水ピタ防水シートは何度も使用可能

水ピタ防水シートは、ツルツルとしたサテン風のシートで、耐水圧はビニールシートの約3倍。雨が止んだら天日干しで乾かして何度でも使用可能。コンパクトに収納できます。

実際にどれくらいの耐水性があるか、水槽に水ピタ防水シートをかけ、2.5Lの水を注入して検証。水漏れしないかチェックしてみましたが、80時間を過ぎても、1滴も漏れませんでした。

水ピタ防水シートの装着オプションはマグネット・吸盤から選択可能。サイズは1,400Hx100Wmm~、切り売り販売となります。実勢価格は4,980円~です。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「壁に貼り付けて浸水を防ぐ「水ピタ防水シート」