レーダー探知機とは、オービスのレーダー波をキャッチしてその存在を知らせてくれる装置のこと。ドライバーにとっては心強いアイテムです。しかし、最近は“レーザー式”の固定オービスも登場。これまでのように検知できないケースが増えました。そこで、レーザー式にも対応するオービスアプリを紹介しましょう。

オービスに情報鮮度で対応するアプリ

レーザー式の新型オービスの登場で注目を集めているのが、GPSの位置情報で付近のオービスを知らせてくれるアプリです。「オービスガイド」はマップ上に登録された、オービスの位置を音声で知らせてくれます。iOS、Android対応です。

オービスガイドは既存のオービス情報はもちろん、移動式の新型オービスの設置地点やネズミ捕りエリア、検問ポイントなどがユーザーによって常時共有されているため、常に最新のオービス設置地点や取り締まり情報を入手できます。

近年、導入が進む東京航空計器の「LSM-300」をはじめとしたレーザー式の新型オービスも、設置情報が登録されていればGPSによる検知が可能というわけです。また、これまでとは異なる周波数を使う定置式の新型オービス「SWSS」にも対応可能。レーザーを検知するのではなく、情報の鮮度で対応しているわけです。

アプリなのでオービス情報を自動更新

オービスガイドはオービスデータを600件以上を収録。一般的なレーダー探知機は、SDカードなどを使って手動でデータの更新をする必要がありますが、アプリなのでデータは自動更新です。

また、音声による通知は取り締まりポイントの2km前から、オービスの種類・制限速度・カメラの位置などをアナウンス。ポイント通過後は、通過時の速度を通知してくれる便利な機能も付いています。

地図上のオービスアイコンにタッチすれば、設置状況や通過時の動画などを確認可能。さらに「つぶやき」機能をONにすれば、他ユーザーのつぶやきを文字と音声で知らせしてくれます。レーザー式の新型オービスだけでなく、周辺の検問やネズミ捕り情報もいち早くキャッチできるでしょう。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「レーザー式の新型オービスに対応するアプリは?