まだ全線ではありませんが、新東名高速と新名神高速の開通が進み、静岡県の御殿場から滋賀県の草津までは東名高速・名神高速ルートと新東名高速・新名神高速ルートのふたつを選べるようになりました。並行しているわけではなく、距離も違うこの2ルート、果たしてどちらを走った方が高速料金はトクなのでしょう。

東名と新東名で安いルートで計算する

新東名高速・新名神高速は東名高速・名神高速のバイパスとして現在建設中。海老名JCT~御殿場JCT・大津JCT~高槻JCT以外はすべて開通しました。このことで、御殿場JCT~草津JCTまでの区間については、東名高速~名神高速・新東名高速~伊勢湾岸道~新名神高速という2つのルートで走行可能となっています。

走行距離で両者を比較した場合、新東名高速~伊勢湾岸道~新名神高速ルートの方が40km以上短いうえ曲率(R)の低いカーブもないため、運転の快適さでいえばこちらの方が有利です。一方、ドライブ中の景色はトンネルが少ない東名高速~名神高速ルートの方が上。となると、どちらを選ぶか悩むところです。

そこで気になるのが、2ルートの通行料金の差。当然ながら、走行距離が短い新東名高速~伊勢湾岸道~新名神高速の方が安そうに思えます。しかし、実はどちらを通っても通行料金は同じ。というのも、NEXCO3社のルールで「複数ルートがある場合、最も安い通行料金を適用する」と決まっているためです。

ここでポイントになるのは「最も短い距離」ではなく「最も安い」という部分。例えば、東京IC~西宮ICまで走行する場合、瀬田東JCT~大山崎JCTで京滋バイパスを利用した方がわずかに距離は短くなります。しかし、通行料金はこちらの方が高く、実際の通行料金は京滋バイパスを使わないルートで計算されるのです。

渋滞回避で迂回しても高速料金は同じ

ただし、このルールには例外もあります。ひとつが、最も安いルートより2倍以上の距離を走行した場合で、この際には実際に走行したルートで通行料金が請求されます。とくに、ETC利用の場合には本線上やSA・PAでも走行履歴をチェックするため、極端な迂回ルートを走行するとバレるので注意が必要です。

そして、もうひとつがNEXCO路線であっても途中別精算になるルートを通るケースです。さきほどの東京IC~西宮ICを例にすると、別料金になっている愛知第二環状道路を途中に走行する場合がこれにあたります。

こうしたいくつか例外はあるものの、複数ルートがある場合は最も安い通行料金になることを知っておくと、ドライブ中の選択肢が広がります。東京IC~名古屋ICの移動で考えた場合、東名高速・新東名高速のほか、圏央道経由で中央道を利用しても同じ料金です。

また、途中で激しい渋滞が起きていた際、その部分だけを避けて別ルートを走行する、といった活用方法もあります。例えば、東名高速の上り線は、伊勢原バス停と厚木IC間が激しい渋滞になりやすい場所ですが、伊勢原JCT~海老名南JCT~海老名JCTのように渋滞を避けて迂回走行しても追加料金はかかりません。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「東名と新東名はどっちを走ると高速料金が安い?