誰でも一度は憧れるのが刑事という職業。しかし、多くの人が抱くイメージの大半は、刑事ドラマによって作られたものであることが多いのも事実です。それもそのはず、多くの人は、実在する刑事に接する機会はそうそうありません。そこで、現場の刑事が使っている警察用語について詳しく見ていきましょう。

刑事が使う警察用語で被害者はマルガイ

刑事ドラマでは出てくるけど、現場では使われていない警察用語の代表格が「ガイシャ」です。警察用語で被害者は「マルガイ」で、「マルヒ」が被疑者、「マルモク」が目撃者。これらは警察無線の用語から来ています。

刑事が使う警察用語では「帳場(ちょうば)」は捜査本部のこと。「帳場が立つ」とは捜査本部が開設されるという意味です。

ニュアンスで使い分けられる警察用語もあります。例えば「げんじょう」と「げんば」の使い分けです。いわゆる現在進行形、つまり事件が起きたばかりだったり、捜査中の現場は「げんじょう」といいます。しかし、解決して過去のものとなった事件の現場なら「げんじょう」ではなく「げんば」となるのです。

捜査四課の刑事の警察用語は少し特殊

刑事の中でも捜査四課のマル暴刑事が使う警察用語は少し特殊かもしれません。例えば、ヤクザを表す隠語だけでも「看板背負っている」「スミ背負っている」「ゲソつけてる」「スジモン」など、いろいろな言葉が使われています。

そのほか、マル暴刑事の警察用語で「刺青」は、銃撃事件の火薬の飛散痕のこと、「エンコ詰めてる」は暴力団を辞めていることを意味します。「踊る」は暴れるという意味です。

さらに「親・チャカ」が鉄砲、「子・ギョク」が弾丸となります。「Z号」は暴力団関係者照会、「マルB・マルG」は暴力団関係者、「面ぐれ」は顔を知っていることを意味する警察用語です。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「警察用語の「現場」は読み方で意味が違っている