LINEで何度もメッセージを送っているのに、一向に「既読」マークが付かないと、不安になることがあるでしょう。相手にブロックされている可能性がありますが、LINEには相手にブロックされているかどうかを調べる機能はありません。そこで、LINEでブロックされているかを確認する2つの方法を紹介しましょう。

LINEでブロックと思った時の確認方法

もはや友だちとのコミュニケーションに欠かせない存在となったのが「LINE」。複雑な人間関係を反映してか、LINEにはブロック機能が存在します。相手に通知されることなく、指定した友だちの連絡を止めることができるのです。

LINEのブロック機能は、指定した友だちからの連絡をすべて拒否することができる機能。ブロックしたことは相手に伝えられません。ブロックされた人がメッセージを送っても相手には届かず、既読の表示がずっと付かなくなるのです。

すなわち、LINEで友だちにメッセージを送っても既読にならない場合は、自分が知らないうちに相手にブロックされている可能性があります。そこで、LINEで友だちにブロックされているかもと思った時の確認方法を紹介しましょう。

LINE通話機能によるブロック確認方法

まずはLINEのプレゼント機能によるブロック確認方法です。手が持っていなさそうなマイナーなスタンプを選んで、「プレゼントする」を選択。送り先に、ブロックを確認したい友だちを選びます。

ブロックされていない場合は、スタンプの購入画面に遷移。一方、「このスタンプを持っているためプレゼントできません」と表示された場合はブロックされている可能性が高いのです。

LINEの通話機能によるブロック確認方法もあります。ブロックされているか確認したい友だちのトークルームを開いてください。ここで電話アイコンから無料通話をかけるのです。その反応で判断できます。非応答時に「応答がありません(62)」と表示されたら、残念ですがブロックされていることです。

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「LINEでブロックされているか確認する2つの方法