中部地方で最も南にあたる三重県は、伊勢神宮やサミットの舞台にもなったリゾート地・志摩をはじめとした観光スポットが数多く存在します。そうした三重県内にある高速道路が、ETC限定で乗り放題となるプランがNEXCO中日本から発売中。名古屋方面だけでなく関西からもおトクなプランもあるので見逃せません。

お買い物券付きのETC乗り放題プラン

「SA・PAお買物券付きドライブプラン(三重県版)」は、NEXCO中日本のSA・PAで使える1000円のお買い物券3枚と、おもに三重県内が対象のETC限定高速道路乗り放題がセットになったプラン。お買い物券はNEXCO中日本のほぼ全路線で使えるため、余った分を後日、東名高速の海老名SAで使う、といったこともできます。

ETC高速道路乗り放題分については、三重県中部対象と名古屋周辺まで含む2パターンのエリアを用意。三重県中部乗り放題のプランは四日市IC・伊勢IC・紀伊長島IC・甲賀土山IC・菰野ICに囲まれた路線が対象で有効期限は2日間、価格は普通車3100円です。

一方、名古屋周辺まで含むプランは乗り放題エリアが名港中央IC・伊勢IC・紀伊長島IC・甲賀土山IC・大安ICに囲まれた路線となります。有効期限は2日間と3日間の2種類あり、価格は2日間が4000円、3日間が5200円です。

ETC乗り放題プランは休日に割高

次に、各ETC乗り放題プランごとのおトク度を見ていくと、三重県中部対象プランは主に京都・滋賀方面からの利用向き。例えば、京都東ICから利用した場合、京都~紀伊長島IC間の通行料金は、休日割引で往復すると普通車5520円。一方、ETC乗り放題プラン利用の場合は3100円プラス京都東IC~甲賀土山ICの往復2020円で合計5120円で400円割安です。

名古屋周辺まで含むプランについては、名古屋高速と接続する名古屋西ICが乗り放題エリアに含まれることから、名古屋近郊からの利用に便利です。例えば、名古屋西IC~伊勢ICの場合は休日料金が普通車往復4560円なので、2日間用を選べば約600円割安になる計算です。

一方、3日間用では往復とも休日の場合はプラン利用が割高になるため、3連休での利用には不向き。片道が平日になるケース、または3日間をフル活用して伊勢だけでなく熊野・新宮など南勢・南紀まで足を延ばす場合におトクなプランといえます。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「お買物券付きのETC乗り放題プランの賢い使い方