ネット通販大手「Amazon」には、自社の商品に高評価を付ける「やらせレビュー」を請け負う業者が蔓延しています。Amazonのやらせレビューはなぜなくならないのでしょう。そこで、Amazon出品者に、レビュー制度の内情について詳しく話を聞きました。Amazonはレビューによって売上は数倍にもなるのでした。

Amazonやらせレビューでゼロから80個

Amazonには「Vineプログラム」と呼ばれる、Amazon認定レビュワーに商品を提供してレビューをしてもらうプログラムがあります。しかし、Vineプログラムに商品が選ばれるのは、本当にわずかです。

無名ブランドの商品だったり店舗評価の低い商品は、Vineメンバーにレビュー依頼するのは難しい状況。そのため、自社の関係者が自らやらせレビューを記入したり、Amazonのトップレビューワーに直接メールなどで依頼するのです。

Amazonはレビューによって商品の売上が大きく変わります。ジャンルや価格帯、商品の品質にもよりますが、体感としてはレビューがゼロの時に1か月間全く売れなかった商品が、星5個のやらせレビューを2つ書いた途端、1週間に2~3個ほど売れ始め、最終的には月間で80個ほど売れるようになりました。

Amazonで、レビューの内容より重要になるのが「件数」です。高い評価のレビューが増えると検索の上位に表示されるようになるのです。また、最近はスマホユーザーが増えたことで、レビューの内容をそこまで熟読するユーザーが減ったのかもしれません。

Amazonやらせレビューはなくならない

このため、Amazonでは上の方に高い評価のレビューが並ぶのがベストです。「役に立った」ボタンが押されるとそのレビューが上に行きやすいため、業者の中には良質なレビューに対して「役に立った」ボタンを外部業者にクリックさせているところもあります。

とはいえ、日本の企業で大胆なやらせレビューを行っている会社は多くありません。Amazonの検索やレビュー表示のアルゴリズムは、世界でもトップクラス。疑わしい行為を行うと、すぐに警告がきてアカウントが凍結されてしまうからです。

一方で、中華系の企業はAmazonで派手にやらせレビューを自作自演。品質がイマイチな商品にやらせレビューを数多く入れて一気に商品を売り切ります。販売から発送までの時間をある程度あけ、その間に売り上げを稼ぐ手法です。

悪質な商品が消費者の手元に届くと、悪いレビューが貯まってAmazonのアカウントが凍結。しかし、再度、アカウントを取得し商品を出品し直すというのが常套手段になっています。出品アカウントが容易に取れてしまう限り、Amazonのやらせレビューがなくなることはないかもしれません。

【関連リンク】
テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Twitter乗っ取りのパスワードを入手する方法
Amazonのあわせ買い対象商品を単体買いする
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
写真から位置情報や住所を手に入れる方法!!

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「Amazonはレビューによって売上は数倍にもなる