無人式のスピード取り締まり装置「オービス」の主流となりつつあるのが「LHシステム」です。老朽化したレーダー式オービスやHシステムからの置換や、新設される際にLHシステムが採用されています。Nシステムなどの路上の監視カメラと混同しやすいLHシステムですが、支柱に設置された赤色灯付き制御ボックスが目印です。

LHシステムと混同されるNシステム

現在、設置台数を急速に増やしているオービスが、東京航空計器が提供する「LHシステム」です。アスファルト内にループコイル(静電容量センサー)を3.45mの等間隔に埋設し、インダクタンスの変化で車速を計測します。

ループコイルは、記録部の手前のアスファルト内にセット。溝を切って埋め込まれているため、事前情報なしに目視のみで気づくことはほぼ不可能です。また、レーダー探知機にも反応しません。

スピード違反の車両は、ループコイルの先にある白線部にて撮影されます。撮影するのは、路上に張り出した支柱に設置された赤外線ストロボとCCDカメラ。設置される支柱にはF型やアーチ型などがあります。

LHシステムの地上の構造物としては、赤外線ストロボとCCDカメラが並んでいるだけ。レーダー式のHシステムのように、レーダーを照射するアンテナが設置されていません。このため、よく混同されるのがNシステムやTシステムなどの路上の監視カメラです。

LHシステムには制御ボックスが設置

Nシステムは通過車両のナンバープレートを撮影する装置。手配車両のナンバーとの照合などに使用されます。オービスが警察の交通部系が管理するのに対して、Nシステムは刑事部系の管理です。一方のTシステムは国土交通省の管轄で、通過車両を撮影して交通流速の計測などを行います。

紛らわしい路上の無人カメラとLHシステムを見分けるポイントは2つあります。1つは、赤色灯付きの制御ボックスがあること、もう1つは赤外線ストロボとCCDカメラの撮影ユニットの数が車線数を超えないことです。

ただし、赤色灯が付いた制御ボックスが電光掲示板の裏などに隠れて設置されているケースもあります。反対車線から見ると赤色灯付きの制御ボックスが見えるので、LHシステムであることが確認できるでしょう。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「オービスの主流「LHシステム」の赤色灯隠しとは