隠しコマンドで起動するiPhoneのフィールドテストモードは、電波強度を数値化できることで有名。しかし、iOS11以降ではフィールドモードには入れるものの、電波の数値化には対応しなくなっています。そんな電波強度の隠しコマンドが、iPhoneとAndroidそれぞれに用意されているのでした。

電波強度がわかるiPhone隠しコマンド

電波強度チェックのためのiPhone隠しコマンドは、まず標準の電話アプリを起動します。キーパッドにして「*3001#12345#*」を入力したら、発信ボタンをプッシュ。これで「Field Test」と表示された画面に切り替わります。

ここでメニューから「Serving Cell Measurements」をタップ。これで表示される項目のうち「Average RSRP」に電波強度が表示されるのです。なお、iOS10まではテストモードに入ると電波強度のバーが数値化され、より具体的に知ることができました。しかし、iOS11からは電波の数値化には対応しなくなっています。

このほか、メニューから「Serving Cell Info」を選択すると。「Freq Band Indicator」で、今つかんでいる電波の種類が分かります。「41」はauもしくはソフトバンクのLTEバンドであることを示しているのです。

Androidで電波強度の隠しコマンド

海外で現地のSIMカードを使う時は、その国のバンドに合わせる必要があります。通常は自動でセットされますが、相性によりうまくいかないことも…。そんな時にAndroidの隠しコマンドを入力すると、ネットワークを手動で変更できます。

Androidの隠しコマンドも、電話アプリを利用します。立ち上げたら「*#*#4636#*#*」を入力。これでテストモードに入ります。画面には「テスト中」という表示とともに、メニューがいくつか表示されているはず。端末によって表示されるメニューに違いがあるようです。

「使用統計情報」や「Wi-Fi information」などで使用時間やログが確認できます。
ここで「携帯電話情報」→「優先ネットワーク」を選択。通常はオートになっていますが、3GのみやLTEのみに変更できます。

海外のほか、LTEが不安定な地域などでも便利。3Gを優先ネットワークに設定すればバッテリーの消耗を防げます。同じ画面内で「電波強度」の数字を確認することも可能です。

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「iPhoneとAndroidで違う電波強度の隠しコマンド