今使っているETC車載器が2022年から使えなくなるかも…そんな話を耳にしたドライバーも多いでしょう。これは、ETC車載器に限らず無線に関する基準が2022年末に変わることから話題になっているもの。しかし、ETC車載器に限ると問題になり使えなくなるケースはそれほど多くないのでした。

ETC車載器は5.8GHz帯で無線通信

2022年に変わる無線の基準は、本来必要な周波数帯の外で漏れている電波「スプリアス発射」に関するものです。正確には、2005年にこの基準は変わりましたが、古い基準の製品でも2022年11月までは引き続き使えることになっています。その使える期限を越えるのが2022年12月であるため「2022年問題」といわれているのです。

ETC車載器は、ETCレーンに進入すると、5.8GHz帯の電波によって車載器と料金所の間で料金精算に必要な情報を無線通信しています。このため、スプリアス発射に関する新しい基準は、ETC車載器も例外ではありません。新基準に対応していないETC車載器を2022年12月以降もそのまま使い続けると、電波法違反になってしまいます。

ところが、この基準に対応する規格の推移を見ていくと、本当に使えないETC車載器はかなり限られることがわかります。日本の高速道路でETCが本格的に使われ始めたのが2001年11月からですが、ETC車載器に関する規格「ARIB STD-T75」は、2002年11月の段階ですでにスプリアス発射の新基準へ合わせたものになっているのです。

2001~2002年発売のETC車載器が対象

つまり、2001年から2002年に発売開始され、旧規格で作られているごく初期のETC車載器だけが、2022年12月から使うことができなくなります。それでは、そうしたETC車載器を持っている可能性がある場合、どうすればよいのでしょうか?

一番確実なのは、車載器の製造メーカーに直接問い合わせることです。当然ながら、旧規格の製品を販売していたメーカーはそのことは把握しているので、対象製品かどうか教えてくれます。また、デンソーのように新基準へ対応しない製品の型番をWebサイトで公開しているメーカーもあります。

そして、2001~2002年発売のETC車載器であれば、思い切って新製品に買い換えるのも一つの手。というのも、当時のETCと違い現在はより多くの情報をやりとりする「ETC2.0」が一般的になり、高速道路にはETC2.0限定の通行料金割引サービスも登場しているためです。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「今のETC車載器が使えなくなる?2022年問題とは