「iPhoneを探す」は、iPhoneを紛失してしまったときに役立つ機能。iPhoneのGPS位置情報から大まかな場所がわかるほか、悪用を防ぐために遠方からロックすることができます。とはいえ、GPS位置情報は監視アプリにも利用されることもあるもの。そこで、iPhoneのGPS位置情報を好きな場所に偽装する方法を紹介しましょう。

iPhoneのGPS位置偽装は単純ではない

AndroidスマホのGPS位置情報は、無料アプリを使うだけで簡単に偽装できます。ただし、iPhoneの場合は、それほど単純ではありません。

iPhoneでGPS位置情報を偽装するには、まず「バックアップツール」のデータを書き換えが必要です。PCに「iBackupBot」をインストールし、iPhoneの「位置情報サービス」と「iPhoneを探す」をオフにします。

この状態でiPhoneをPCにつなげて、iTunesでバックアップ(「iPhoneのバックアップを暗号化」にはチェックを付けない)を取るのです。ここでiBackupBotを起動して、「com.apple.Maps.plist」ファイルをテキストデータとして開きます。

iPhoneマップで偽装したい位置にピン

ここで、データ内の</dict>前に「<dict><key>__internal__PlaceCardLocationSimulation</key><true/>」と入力して保存。iPhoneに書き換えデータを転送します。これでiPhoneでGPS位置情報を偽装する準備は整いました。

あとは、iPhoneのマップアプリを起動して、ピンをGPS位置情報を偽装したい場所に設置。名称部分をダブルタップして、「Simulate Location」というボタンをタップすれば位置情報の偽装は完了です。

実際に他のデバイスから現在地を確認すると、ピンを設置した場所にGPS位置情報が偽装されていました。ちなみに、iOS11以上の場合は、この方法でのGPS偽装はできません。iOS11~12でGPSを偽装する場合は、脱獄後に「gLocation」というアプリをインストールする必要があります。

【関連リンク】
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「iPhoneのGPS位置情報を好きな場所に偽装する方法