LINEなどのSNSを安全に利用したい場合、匿名でアカウント作成ができればベスト。ただし、通常はアカウント登録時に身元の確認などが必要です。そこで、主要SNSで匿名アカウントが作成できるか検証しました。さっそく、LINEを匿名アカウントで登録する方法を見ていきましょう。

海外版LINEで匿名アカウント登録

LINEの便利機能の1つがID検索。ですが、18歳以下のユーザーがトラブルに巻き込まれるのを防ぐために、この機能を有効にするには日本では契約キャリアでの年齢確認が必要となっています。

一方、海外版LINEではそれがスルーできてしまうこともあるようです。海外旅行用のSMS付きSIMを使い、実験してみたところ、タイの「TRUEMOVE SIM」などは日本でもアクティベートでき、匿名アカウントで登録ができました。

具体的にはLINEの登録画面でSIMの電話番号を入力。SMSに送られてくる認証番号を入れるとアカウントが作成できます。SMS認証ができればID検索も可能です。

LINEアカウント登録のSMS認証代行

LINEで匿名アカウントで登録できた「TRUE MOVE SIM7日間」(390円)は、電話番号付きで日本でアクティベート可能。「AIS SIM 2Flyアジア16カ国周遊プリペイドSIM」(1,250円)も、日本でも利用可能なSIMで、国内で開通できます。

一方で「AIS タイプリペイドSIM7日間」(400円)はタイ専用のSIMで、日本ではアクティベートできませんでした。

このほか、SMS付き音声対応SIM「OCNモバイルONE」が、東京・秋葉原の電気店で100円程度にて投げ売りされたことがありました。そういった時に大量に保有して、SMSの認証代行をする業者がいます。相場は200アカウントで30,000円ほど。LINEPayなどの各種キャンペーン特典を狙う輩もいるようです。

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「LINEを匿名アカウントで登録する方法とは?