高速道路や主要幹線道路で、カメラを使ってスピード違反を取り締まる「オービス」。うっかりスピードオーバーで通過してしまい、「しまった!」という経験がある人も少なくないはず。今回は、数あるオービスのなかでも、高速道路に設置されたものの値段を調べてみました。

オービスの速度測定方法には3種類

スピード違反車を自動で検知・撮影して違反車を取り締まる「オービス」には、スピードの測定方法でループコイル式、レーダー式、レーザー式の3種類があります。このうち、ループコイル式は一定間隔で道路へ埋め込んだコイルの間を通過する時間でスピードを測ります。

測ったスピードが違反だと分かった場合、カメラとストロボを使い違反車を撮影します。かつて、以前は撮影にフィルムが使われ、フィルム切れで撮影できないといったこともありましたが、現在はデジタル撮影&中央装置へ即伝送という仕組みになっています。

なお、レーダー式に関しては旧型が国内製造メーカーの撤退により各地で撤去が進む一方、センシス・ガッツォ製の新型が埼玉・岐阜に登場し話題となりました。また、レーザー式が導入されたのは2017年と最近で大阪府で目撃されています。

ループコイル式オービスは2タイプ

ループコイル式のオービスを国内で製造しているのは東京航空計器1社だけ。現在は、カメラ・ストロボを道路脇に設置する「L型」と、逆L字型の鉄塔を立て、車線上部からカメラ・ストロボで撮影する「LH」型の2タイプを製造・設置しています。

このうち、L型の方は本体がフィルム時代から続くデザインのため一見古く感じますが、LH型もL型もカメラはデジタル化され、写真も中央装置へ即伝送される仕組みは同じです。

鉄塔を立てて道路にコイルを埋め込むなど、大掛かりな工事が必要そうなループコイル式オービスですが、その費用はどれぐらいなのでしょうか。調べてみると、全額を国が負担する高速道路分について、その価格がわかりました。

オービスの設置費用は3500万円が相場

警察庁は2017年度に岩手県警・長野県警・滋賀県警など全国6県警に各1台分のオービス設置費用を支払っていて、その合計は合計2億900万円。1台あたりの平均は約3500万円でした。すべてがループコイル式で、実際の設置は東京航空計器が行っています。

実は、各県警に支払った額についても資料に記載があり、いずれの県警向けも同じ約3500万円となっています。ところが、実際に各県に設置されたオービスを見ていくとL型、LH型の両方があるのです。

岩手県の場合、2017年度に東北道に設置されたオービスはL型ですが、長野県の長野道に登場したのはLH型。ループコイル式オービスの場合、L型でもLH型でも、国が設置費用を負担する場合は3500万円が相場のようです。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「高速道路にオービスを設置する費用は1台いくら?