スマートキーから出続けている微弱な電波を特殊な機器で拾い、中継・増幅してクルマのロックを解除して盗む「リレーアタック」。リレーアタックによる自動車盗難被害が増えています。玄関の下駄箱の上に裸のままスマートキーを置いておくのは、今や自殺行為なのです。

リレーアタックはスマートキーに接近

今のクルマは、ボタンを押すだけでエンジンスタートできる「スマートキー」が主流。スマートキーは車両に搭載されているコンピュータと無線で通信して、正規のキーが近くにあるかどうかを判断しています。

スマートキーから車両へは315MHz帯、車両からキーへは125/134kHz帯の電波を使用。とはいえ、スマートキーの信号は暗号化されているため、解読したりコピーするのは困難です。

そこで考案された自動車盗難の手口が「リレーアタック」です。まず、実行犯Aが車両から離れた正規ユーザーのスマートキーに接近。スマートキーの電波を特殊デバイスを使って変換・増幅して車両の近くにいる実行犯Bに送信するのです。

リレーアタック対策に電波遮断ポーチ

そんなリレーアタック対策が簡単にできるのが、サンコーの「電波遮断セキュリティーポーチ」。使い方はシンプルで、ポーチにスマートキーを入れてしっかりフタを閉めるだけ。これで電波の漏れをシャットアウトできるのです。何より安くてお手軽なので、すぐに利用することをオススメします。

本体内部のベージュ色の部分が電波遮断スペース。ここにスマートキーを入れ、しっかりフタをするだけでリレーアタックを防御できるのです。合わせてクレジットカードやETCカードのスキミング被害も防げます。クルマを離れる時にまとめて入れておけば、セキュリティ対策は万全です。

ポーチのサイズ/重さは120W×205H×5Dmm/約95g、ポケットは2個付いています。実勢価格は1,280円です。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「リレーアタック対策がすぐできる電波遮断ポーチ