街中を走る白黒パトカー、なかでもさまざまな事件・事故現場で活躍する「無線警ら車」はトヨタ・クラウンが圧倒的多数派です。無線警ら車には2.5Lエンジンのモデルが使われていますが、果たして市販モデルのクラウンと比べてどこが違っているのか、まとめてみました。

白黒パトカーの赤色灯は補助灯と連動

各都道府県警に配備される白黒パトカーは、おもに「無線警ら車」と「交通取締用四輪車」の2種類があります。無線警ら車は一般的な犯罪・事件を取り締まるために使われ、街中をパトロールしています。

無線警ら車のベース車両となるトヨタ・クラウンは、2.5Lノンターボガソリン車のロイヤル。積雪地域向け車両の場合、4WD仕様のロイヤルi-Fourがベースになります。エンジン、タイヤ、ABSなど基本的な部分はパトカーも市販モデルも同じです。

塗装以外の外観について、市販車と無線警ら車で大きく違うのが、天井中央に取り付けられた赤色回転灯とその下にある白いボックス。この部分には昇降機が付いていて、事故・事件現場などで停車中に使うことで、遠くからも赤色回転灯を認識しやすくする役目があります。

そして、天井以外にもフロントグリル下部に補助警光灯が2個取り付けられています。無線警ら車の場合、前面の補助警光灯と天井の赤色灯は連動して点灯する仕組みになっています。

パトカーに欠かせないサイレンアンプ

無線警ら車が搭載する各種赤色灯のON/OFFを行うために必要なのがサイレンアンプです。サイレンアンプは、緊急走行時に鳴らすサイレンや警察官のアナウンスを流すためのアンプですが、赤色灯のコントロールにも欠かせません。

サイレンアンプに取り付けられたボタンは各種あり、3種類のサイレン音の使い分けや赤色灯のON/OFFなどに対応。赤色回転灯の昇降もここにあるボタンで行います。なお、サイレン音などの音声は、フロントグリル内のスピーカーから流れます。

助手席側からも後ろを見ることができる二連バックミラーや、調書を書いたり交通違反キップを切るときに使うLEDライトを前部・後部座席に装備しているのもパトカーならではといえるでしょう。また、警察無線で必要な長いアンテナ「ユーロアンテナ」を天井の後部に備えています。

パトカーは市販モデルより60kg重い

では、市販車にあって白黒パトカーにない装備にはどんなものがあるでしょうか。まず、ほどんどのクラウンユーザーなら装備するカーナビがありません。そして、本来カーナビを取り付ける部分には、速度を測定するストップメーターを装備しています。

また、市販車のクラウンは高級モデルだけありシートも豪華ですが、無線警ら車の場合は前部・後部ともにビニール製のパトカー仕様になっています。これは、警察庁が決めた仕様によるものですが、一種のダウングレードといえるでしょう。

このように、無線警ら車はパトカーならではの装備を沢山積む一方で、削られた装備はそれほどありません。そこで車両重量を比較すると、市販モデルのクラウンと比べ無線警ら車は60kg重くなっているのです。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「白黒パトカーが市販モデルより60キロも重い理由