2018年12月に新4K8K衛星放送が始まり、テレビは4K時代に突入しました。しかし、現行の4Kテレビにすら肝心の4Kチューナーが搭載されていないことがほとんど。4Kテレビはあるけどチューナーは持っていない…そんな4K難民が4Kコンテンツをすぐに楽しむ方法を紹介しましょう。

ゲーム機で4Kコンテンツを視聴可能

チューナーなしで4Kコンテンツを手軽に楽しむなら「Fire TV Stick 4K」がおすすめ。4K対応作品数の多さや操作性の高さ、実勢価格6,980円という安さから、ほかの方法に比べて圧倒的に優位といえるでしょう。

ただし、4Kコンテンツを楽しめるのは「Fire TV Stick 4K」だけではありません。代表的なものでは、ソニーのゲーム機「PlayStation4 Pro」。ゲーム以外にも各種動画サービスに対応しており、4Kコンテンツも視聴可能です。もちろん、4K画質のゲームもできるので4Kテレビを最大限に活用できます。

他にもGoogleの「Chromecast Ultra」やAppleの「AppleTV 4K」といったデバイスも4K対応。Fire TV Stick 4Kよりも値は張りますが、例えばAppleTVやChromecastであればiTunes、PlayStation 4 ProならPlayStationVideoと、それぞれのデバイスごとに利用できるサービスに違いがあります。詳しく見ていきましょう。

4K対応のBDプレーヤーを搭載する

「Chromecast」は元はAndroidスマホの画面をテレビに出力するためのデバイスですが、最新版「Chromecast Ultra」では4K出力に対応。スマホで視聴可能なほとんどのサービスを利用できます。Androidユーザーならスマホから操作可能というメリットもあります。実勢価格は9,720円です。

「AppleTV 4K」はAppleのセットトップボックス(STB)。第5世代から4K出力に対応し、NetflixやAmazonプライム・ビデオといった動画配信サービスが視聴できます。さらに、Apple独自のコンテンツストアであるiTunesを利用でき、見放題ではないものの、他にはない作品が購入・レンタルできることもメリット。実勢価格はストレージ32GBが21,384円、64GBが23,544円です。

「PlayStation4 Pro」はPS4の最上位機種。通常のPS4とは異なり4K解像度のリッチなゲームが楽しめます。動画配信サービスも視聴可能で、4K動画やVR動画にも対応。独自サービスのPlayStation Videoは4K動画コンテンツは配信されていませんが、シリーズの全話パックなどの割引があります。実勢価格は43,178円です。

Microsoftのゲーム機でも4Kコンテンツは堪能できます。4Kゲームのプレイは上位機種の「XboxOne X」が必要ですが、4K動画コンテンツであれば「XboxOne S」でOK。動画配信サービスはスポーツ系や海外系のものが多いものの、本体に4K対応のBDプレーヤーを搭載しており、ゲームはもちろん格安のプレーヤーとしても活用できます。実勢価格は30,895円(『Minecraft』同梱版)です。

【関連リンク】
テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
YouTubeの検索テクニックを駆使して動画を探す

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「チューナーなしで4Kコンテンツをすぐ楽しむ方法