若い世代を中心に人気の短尺動画共有アプリが「TikTok」(ティックトック)です。TikTokには動画保存機能が標準で備わっていますが、許可されていない動画は保存できません。そこで、TikTokのあらゆる投稿動画を勝手に保存する方法を紹介しましょう。

TikTokの保存不可の動画は警告表示

TikTokは短尺動画をシェアリングする動画サービス。標準機能で動画を保存できますが、許可されていない動画は保存不可です。ところが、このような制限動画でもPCで開けば右クリックメニューから保存できてしまいます。

とはいえ、TikTokの動画をPCで探すのはなかなか大変なので、スマホで動画を探し、URLをPCに共有して保存するのが効率的でしょう。

まずはTikTokの標準機能で動画を保存する方法を確認します。TikTokで動画を開き、シェアボタンをタップ。「ローカルに保存」を選択するのです。ここでダウンロードが許可されている動画はそのまま保存できますが、不許可の動画は警告が表示されるというわけです。

TikTok保存できない動画はGIFでシェア

TikTokのあらゆる投稿動画を勝手に保存する方法は、ダウンロードできない動画を開き、右下のシェアボタンをタップ。シェア先の選択画面になるので、ここで「Email」を選択します。メールに動画のURLが表示されるので、これをメモするか、もしくはメールを送信するのです。

このTikTokの動画URLをPCのブラウザに入力すれば動画ページが開きます。とりあえず再生して、プレーヤーを右クリックして動画を保存すると、MP4形式でPCに保存できてしまうというわけです。

なお、TikTokで保存できない動画でも「GIFでシェア」を選択すれば、映像を残すことが可能。GIF形式なので音声は消えてしまいますが、映像さえ残せればOKな場合はこの方法が最も手軽でしょう。

具体的には、TikTok動画のシェア先の選択画面で「GIFでシェア」をタップします。「その他」を選択し、クラウドストレージを選んで保存すればOKです。

【関連リンク】
テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
YouTubeの検索テクニックを駆使して動画を探す

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「TikTokのあらゆる投稿動画を勝手に保存する方法