「Netflix」や「Hulu」「PrimVideo」などの動画配信サービスで公式ダウンロードした動画は、契約を解除すると再生できなくなります。しかし、デスクトップキャプチャしておけば、映像は契約解除後でも視聴可能です。動画配信サービスのキャプチャはWindows10付属のゲームバーで簡単に行えます。

動画配信サービスをキャプチャする

動画配信サービスのデスクトップキャプチャは、Windows10付属のゲームバーが簡単です。別途録画ソフトをインストールせずに、MP4形式で保存できます。なお、録画時はフルスクリーン再生するのがコツです。

ウインドウのタイトルバーが映り込んでしまったり、再生前と再生後の余計な部分は、クロップツールでカットしましょう。無料ソフトの「Video ClipQuickTool」を使うと便利です。

具体的なキャプチャの方法は、動画プレーヤーが読み込まれたらフルスクリーン再生にします。そして、一時停止して「Win」+「G」キーでゲームバーを呼び出すのです。

動画キャプチャをトリミングする

右上にある録画開始ボタンをクリックして映像を再生。再生が終了したら「■」の停止ボタンを押します。Xboxメディアプレーヤーアプリを開くと、キャプチャした映像が確認できるでしょう。

フルスクリーン再生せずに録画してしまった場合でも、再録は不要。「Video ClipQuickTool」で映像を整えましょう。ソフトを起動したら「Load VideoFile」から録画した動画を読み込み。余分な映像をカットするなどの編集できます。

録画画面の余分な場所をトリミングする場合は、「Set Cropping Area」をクリックし、残したい部分を囲みます。「Process」をクリックすると、映像がクロップされて囲んだ部分だけが残るのです。

【関連リンク】
テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
YouTubeの検索テクニックを駆使して動画を探す

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「動画をWindows10付属キャプチャ機能で永久保存