ゲームボーイは1989年に任天堂が発売した携帯型ゲーム機の金字塔。ただし、現存するゲームボーイの多くは本体の外装の劣化が目立つものばかり。また、元来の電池の持ちの悪さや音質も気になります。というわけで、外装を塗装するついでに各種改造を施して、ゲームボーイを現代仕様に改造してみましょう。

ゲームボーイをUSBで電源供給する

懐かしのゲームボーイですが、劣化した外装を塗り直してノイズの多いイヤホンジャックをプロサウンド化、さらにUSBで電源供給できれば昭和のゲーム機が最新レトロゲーム機に変身します。

ゲームボーイの外装塗装は、まず本体裏面のY字ネジを外して筐体を開けます。液晶用のケーブルが固定されているので、断線しないよう丁寧に作業してください。ドライバーを使って基板を取り外して分解するとボタンやゴムを取り除けます。

液晶パネルカバーを外したら筐体を掃除し、ムラにならないように塗装しましょう。今回のカラーはつや消しブラックを採用しました。

続いて、ゲームボーイから出る音のノイズを減らすプロサウンド化の作業です。ゲームボーイの音源のラインはボリュームから取得します。

ゲームボーイを現代仕様に改造する

ボリューム根元に並んだ5ピンのうち、外部アンプを通す場合は上の1・2ピンから、本体のみで完結させる場合は真ん中の3・4ピンから音を取ってください。5ピンはGNDです。本体左下に穴を空けてイヤホンジャックを固定して配線します。

最後はUSB給電の改造です。基板左上にある外部電源端子から+-を取得。先ほど固定したイヤホンジャックの隣にコの字の切り欠きを作り、USB端子を設置するためのスペースを確保します。

電源とUSB基板を配線して電池ケース裏に固定すれば完了です。これで単3形乾電池が不要となり、USB給電の地球に優しい仕様になります。劣化の激しかったゲームボーイが現代仕様に生まれ変わりました。

【関連リンク】
エポキシ接着剤の溶接並みの強度を試してみた
2×4材と突っ張り金具で室内に柱を追加する
Wi-Fiアンテナを100均のボウルでパワーアップ
車の傷消し!自分で修復するための4工程とは
ドローンの操作距離を「蒸し器」を使って延ばす

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ゲームボーイをUSB給電の現代仕様に改造する