ソニーの「α7S」は最新集光技術を用い、低ノイズで超高感度ISO409600による撮影を実現したデジタル一眼カメラ。暗闇を写し出すナイトスコープがありますが、たいてい画像は可視光線の最も知覚しやすい色である緑色。それがα7Sなら高性能な色の再現力により、暗闇を朝方のように写し出せるのです。

超高感度カメラでの夜間撮影の違い

超高感度カメラ「α7S」に目をつけたのが探偵です。暗所での証拠撮影や夜間の尾行など、24時間ターゲットを追い続ける地道な調査で利用されているといいます。そこで、α7Sの高感度撮影の能力と探偵仕様のセッティングを紹介しましょう。

ISO感度による夜間撮影の違いを比較してみると、ISO感度100では真っ暗な道はISO800にしてもほとんど真っ暗で、かろうじて奥の街灯の光などが見える以外、判別できません。ISO3200でも多少光を捕らえていますが、まだまだ暗い状態です。

ISO25600になると、周囲の風景が確認できるようになって奥に人物が立っていることが分かります。ISO160000では、だいぶ明くなって人物の服装も判別可能。そして、ISO409600は朝方のような明るさで撮影できたのです。

そんなα7Sを探偵が調査を行う時に重視するのは「ターゲットにバレないこと」と「確実に証拠を集めること」の2点です。α7Sには、野生動物の観察用などのために秘匿撮影モードが搭載されており、それを探偵は利用しています。

超高感度カメラは完全無音化できる

ただし、初期設定のオートモードでは機能しないので、自分で設定しなければなりません。シャッター音や液晶モニターの光、フォーカス時の補助光は設定で切ることができ、シャッタースピードなどの調整で手ブレ防止をしているのです。

まずは「メニュー」→「サイレント撮影/入」でサイレントモードになり、シャッター音を消せます。さらに「電子音」を「切」にすれば操作音もオフにできるので、完全な無音撮影が可能。普通のカメラのサイレント撮影では、どうしても多少の動作音がしますが、α7Sの場合は完全無音化できるのが特徴です。

超高感度カメラで無音で撮影できても、撮影者から光を発していたら相手に気付かれてしまいます。まずフォーカス時の補助光は「メニュー」→「AF補助光/切」でオフ。また、α7Sの液晶モニターの画面はファインダーに手を近づけるだけで切り替わるので、それを利用してライトを消去。撮影はファインダー越しに行います。

暗所ではシャッタースピードが遅くなり、ブレやすくなるもの。シャッタースピードを上げるためにはISO感度を上げるのですが、最高ISO感度40万だと画像にノイズが出てしまう可能性があります。そこで、感度を12万~16万くらいにして「シャッタースピード優先AE」でシャッタースピードを1/60に設定するのです。

【関連リンク】
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする
コンクリートマイクを実際に壁越しで試してみた

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「探偵が夜間撮影に愛用する超高感度デジタル一眼