制服警察官の腰まわりには拳銃や手錠、警棒などの装備品が付けられています。警察官の装備品が吊り下げられているのは「帯革(たいかく)」。ズボン用のベルトとは違い、腰回りの装備品専用の分厚い革ベルトです。帯革に吊り下げられる警察官の装備品の中身について詳しく見ていきましょう。

警察官の装備品を吊り下げる帯革

ズボン用ベルトとは違い、腰回りの装備品専用の分厚い革ベルトが「帯革」。帯革は制服警察官が拳銃・警棒・手錠を吊り下げて腰に巻くための装備品です。旧制服ではピーポくんのような斜めストラップがありました。

ほとんどは本革製の黒で、帯革止めというストラップが付属。これでズボンのベルトとつなぎます。ちなみにベルト本体が本来の帯革ですが、装備品を装着した状態でまとめて帯革と呼称されることもあります。

帯革の装着品の位置は決められており、拳銃は右腰、警棒は左腰。手錠の定位置は腰の後ろです。制服警察官が装備する拳銃は、基本的に5連発のリボルバー。ニューナンブやM37を経て、現行モデルは国産の「サクラ」という銃です。

帯革には拳銃入れや拳銃用調整具で装着します。拳銃のグリップ底部と結び付けた拳銃つりひもを帯革に通して落下を防止。カールコード式の拳銃つりひもは黒色のポリウレタン製ですが、芯には金属を使用して切断されにくくしています。

警察官は警棒は伸縮式が一般装備

左腰の警棒はかつては木製警棒でしたが、今では金属製の伸縮式警棒が一般装備。帯革には警棒つりを取り付けて、そこに警棒を装着します。ただし、単なる差し込み式なので座った時に外れやすく、車両搭乗員には不評です。

伸縮式警棒はアルミ製の53型警棒に代わって、2006年から採用されたのが65型警棒。長くて重いぶん強度は格段に向上しており、現場の評判も悪くないようです。ただし、邪魔になるため旧型の53型警棒を愛用する警察官もまだ多いといいます。

手錠は一般警察官の場合、鎖が2コマのタイプを携帯。銀色の旧型はニッケル合金で重いですが、現行タイプは軽量なジュラルミン製で重さはほぼ半分になりました。フラップを手錠の輪に通して固定する手錠入れを帯革に取り付けて収納します。

帯革の左前腰に装着するのは無線機用の革ケースです。フラップやスピーカー用の穴など、数種類のバリエーションが存在。なお、警察の移動通信には「車載通信系・携帯通信系・署活系」の無線通信系があります。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「拳銃や手錠など警察官が腰に付ける装備品の中身