白バイは交通違反の取り締まりのプロ中のプロ。交通の流れやドライバーの心理を読み取って、違反車両を検挙しています。中でも気を付けたのが、スピード違反取り締まりで見せる白バイの動き。白バイ隊員はドライブ技術を駆使して、ドライバーの死角からクルマの背後に潜り込んでくるのです。

白バイはクルマの死角に潜り込む

白バイは交通の流れを読んで違反車両を見つけます。白バイはまず、流れの悪い車線を走行。大型トラックの前などで身を潜めて、追い越し車線を飛ばしていくクルマを狙い撃ちにします。

イライラしたドライバーがスピードを上げて追い越すのを確認すると、すぐに追走してスピードを測定します。ただし、スピード違反のクルマを見つけても、白バイはそのまますぐに追尾するわけではありません。

というのも、スピード違反の取り締まりは赤灯を点けて追尾しなければなりません。スピードの測定に要する時間は7秒ほど。この間にドライバーに気づかれないように白バイ隊員が駆使しているのが、クルマの死角に潜り込むテクニックです。

白バイが走行する絶妙な位置取り

白バイはまず、ターゲットとなるクルマのサイドミラーに映らない斜め後ろ貼り付きます。そして、ドライバーが信号などで気をとられて一瞬のスキをついて、クルマの後ろに回り込むのです。

この時、潜り込むのがサイドミラーからも見えず、ルームミラーからも見えない死角。サイドミラーとルームミラーに映らない絶妙な位置取りで、白バイは走行してスピード測定するわけです。

日々鍛錬しているドライブ技術が可能にする白バイ隊員ならではのテクニックといえるでしょう。こうして白バイは、交通の流れを読む鋭い勘と神業テクニックで、違反者を一網打尽にしているのでした。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「白バイがスピード違反取締りで駆使する神業テク