刑事ドラマでも、登場人物には警察の階級が反映されています。刑事ドラマでは「係長」「部長」という役職のほかに、警部や警部補という階級が当てがわれているのが通常です。そんな刑事ドラマでは、主役クラスの階級が警部補や巡査部長という設定が多く見られます。その理由を見ていきましょう。

平成の刑事ドラマは矛盾点が少ない

昭和の名刑事ドラマ『太陽にほえろ!』で石原裕次郎演じる藤堂俊介は、七曲署捜査一課係長で警部という設定。しかし、警部ともなれば本部で課長補佐か係長、所轄であれば次長や課長クラスが普通でしょう。

さらに、同じく石原裕次郎が演じた刑事ドラマ『西部警察』の木暮謙三は、警視で捜査課長という設定です。しかし、警視ともなれば小さな所轄で署長、大きな所轄でも副署長クラスというのが妥当でしょう。

さすがに平成の刑事ドラマにはこのような矛盾点は少なくなって、階級と職種が事実に等しいことが多くなります。そして、刑事ドラマの主役クラスは巡査部長や警部補である場合が多くなってきました。

刑事ドラマの古畑任三郎は警部補

これは警察官の9割は警部補以下といわれ、それ以上は管理職として現場に出ることが少なくなるため。捜査現場で活躍する刑事を描くには、最高でも警部補がふさわしいという設定配慮によるものでしょう。

実際、田村正和が演じる刑事ドラマ『古畑任三郎』は警部補、『踊る大捜査線』で織田裕二が演じる青島俊作も警部補、『SP』で岡田准一が演じる井上薫は巡査部長、真木よう子が演じる笹本絵里も巡査部長です。

とはいえ、『デカワンコ』では所轄勤務にも関わらず「東東京警察署警視総監」というありえない階級が登場したり、『ケータイ刑事』では警視正や警視という10代の女の子が登場。そんなとんでもない設定も刑事ドラマの見どころといえるでしょう。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「刑事ドラマの主役に警部補や巡査部長が多い理由