ループコイル式にレーダー式、そしてHシステムというオービスの歴史の中で、もっとも新しい自動速度取り締まり機が「LHシステム」です。LHシステムは旧型レーダー探知機では発見できないループコイル式。全国的に配備が進むLHシステムについて詳しく見ていきましょう。

LHシステムはループコイルで計測

老朽化したレーダー式オービスやHシステムからの置換や、新設される際に設置されるのが東京航空計器が提供するLHシステムです。

LHシステムという名前の由来は“ループコイル(Loop Coil)式”の“Hシステム”。そのため、ループコイル式オービスと同様に地中に埋設された磁気センサーで車速を測ります。

LHシステムの仕組みは、3.45mの等間隔で道路に埋設されたループコイルを用いて車速を計測。その先に撮影ポイントとしてペイントされている白線で、撮影ユニットが車両を撮影します。

LHシステムとNシステムを見分ける

LHシステムの違反車両の撮影はHシステムと同じように、路上に張り出した支柱に設置された赤外線ストロボとCCDカメラの撮影ユニットで行う仕組みです。

LHシステムの特徴は2つ。1つ目は、赤色灯付きのボックスがあること。2つ目は、赤外線ストロボとCCDカメラの撮影ユニットの数が、車線数を超えないことです。

オービスとよく間違えらるのが、通過車両のナンバープレートを撮影している警察の監視カメラ「Nシステム」。LHシステムとNシステムは、この2点から見分けるとよいでしょう。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流