大切な資料を誤って消去してしまったり、消された証拠写真を取り戻したい時に威力を発揮するのがパソコンの「データ復元ツール」です。はたして、ゴミ箱に入れて空にしたはずのファイルがなぜ元に戻るのでしょう? パソコンのデータが復元ツールで元に戻せるメカニズムを見ていきます。

パソコンのデータ復元ツールの出番

Windowsの場合、ファイルを「ゴミ箱」に入れただけではデータは消去されません。これは、ゴミ箱という“消してもいいフォルダ”にファイルを移しただけ。もちろん、この段階ではパソコンの復元ツールは不要です。

ファイルをゴミ箱から出せば元通りになります。しかし、ゴミ箱を空にするとファイルは消去されるので、ここからが復元ツールの出番というわけ。それでは、なぜ1度消したファイルがデータ復元ツールで元に戻るのでしょう。

実はパソコン上で消去されたファイルは、データ自体が消滅したわけではありません。あくまでファイルの「管理情報」が失われただけ。OSからは消えたことになるのですが、実際のデータはそのままなのです。

復元ツールがデータを取り出す作業

パソコンのデータ復元ツールは、消去しても残っている実データを探し出すわけです。ただし、このデータはいつまでも残っているわけではなく、ストレージの容量がいっぱいになれば、その上から新しい情報が書き込まれます。

簡単にいうと、ユーザーが行うデータの消去とは「OS上から見えなくなって、いつでも上書きできる状態にする」ことなのです。復元ツールは、そんな「見えなくなったデータ」を取り出す作業を行います。

このため、パソコンのデータ復元ツールを使っても、情報を上書きされるとデータを取り出すことは難しくなるというわけ。同様に、デフラグされたパソコンのHDDの復旧もデータ復元ツールではほぼ不可能です。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「パソコンのデータが復元ツールで元に戻せるワケ