iPhone内のさまざまなファイルの管理にはApple公式のiTunesを使用しますが使い勝手がイマイチ。一方のAndroidにはiTunesのような公式バックアップソフトがありません。そこで、iPhoneとAndroidそれぞれの便利なバックアップツールを紹介しましょう。スマホのデータを他の端末に丸ごとコピーできます。

iPhoneのデータをスマホにコピー

「CopyTrans」シリーズは、iPhoneのバックアップができる非公式の管理ソフト。PCに接続してファイルをフォルダに放り込むだけで、写真や連絡先などをバックアップでき、家族間での共有もイージーです。

CopyTransシリーズは、用途別に用意されています。ここでは「CopyTrans Shelbee」を試してみましょう。iPhone内の連絡先・カレンダー・カメラロール写真・アプリ・メールなどに対応する、総合バックアップソフトです。

これを使えば、ファイルの復元も簡単に行えます。USBでiPhoneとPCを接続。「バックアップ」か「リストア」をタップして、作業を始めます。他のスマホに「リストア」でコピー。これでアプリの中身が復元されました。

Androidデータを他のスマホに復元

Androidスマホは「Helium Desktop」を使えば、アプリやアプリ内データをroot化せずに丸ごとバックアップ可能。これにより、機種変更の際にいちいち細かい設定をし直す必要がなくなります。ゲームアプリのデータやLINEの履歴を、そのままコピー・復元可能です。

データをコピーするには、あらかじめPCとスマホにソフトをダウンロードします。PCとスマホの接続には、スマホ側の設定でPCからのデバッグを許可しておくこと。あとはスマホ側のアプリの指示に従えば、自動的に設定できるでしょう。次いで、スマホとPCをUSBで接続するとバックアップが可能になります。

スマホ側でバックアップしたいアプリなどをチェックすると、自動的にバックアップが開始。Heliumでのバックアップファイルは、Android端末の「carbon」フォルダ内に保管されます。

他のスマホにコピーしたい時は、Heliumアプリをその端末にもインストールして作業すればOKです。スマホ側で「リストア」をタップしてアプリを選択すると、復元できます。

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「スマホのデータを他の端末に丸ごとコピーする