警察大学校の研修資料は、警視庁及び各都道府県警察の交通取締課職員や、駐車監視員の指導者教育に用いられるもの。この研修資料を読み込むと、不当な路駐の取り締まりを回避するヒントにあふれています。例えば「監視員が違反処理を行わない状況はありますか?」という項目です。

路駐の取り締まりを円滑にする資料

警察大学校の研修資料は交通取締課職員や駐車監視員が市民とのトラブルを回避し、路駐の取り締まりを円滑に行うのが目的です。そこで、駐車監視員制度に詳しい事情通に資料を読み解いてもらいました。

「駐車標章が貼られても違反から除外されるケースにはどのような場合がありますか?」という項目に対し、回答は「監視員の書き損じが大半。車両ナンバー・場所・時刻・駐車監視員の名前…」などとあります。

確かに車両ナンバーが違っていると致命的。また、監視員が都合で別の者に入れ替わったのに、元の名前で端末にログインしたままといった例もあるようです。ただし、住所表記などは「◯◯付近」となっており、1文字間違っていたからといっても必ず取り消しになるわけではありません。

「監視員が違反処理を行わない状況はありますか?」という項目に、回答は「運転者が車両に乗車または降車していることを目視していた場合、直後に無人車両となっても同じ箇所での確認作業は行われない」とあります。

別の組の監視員が路駐をチェック

これは、路駐時に駐車監視員と目が合えば違反処理されないということ。さらに監視員と会話でもすれば完璧といわれています。しかし、その監視員は違反処理を行わなくても、別の組に電話して路駐をチェックさせることもあるようです。残念ながら、言葉を交わしても違反処理は行われるのです。

また、回答に「監視員はパーキングメーター駐車枠に駐車している車両は、一定時間対象にしない」ともあります。60分パーキングなら、59分間未納でも違反処理しません。

ただし、管轄の警察の方針にもよりますが、車両が50cm以上枠からはみ出している場合はアウト。枠内に駐車していれば料金未納の61分以上の駐車で10,000円の罰金ですが、枠外の駐車違反になると15,000円の罰金となってしまいます。

なお、料金を払わずにパーキングメーターの駐車枠から出し入れを繰り返して取り締まりから逃れる人がいるかもしれません。この場合、他の車両が駐車するのを邪魔する悪質な行為だとして、業務妨害とみなされる可能性もあるでしょう。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「路駐時に監視員と会話すると違反処理されない?