電源がオフになっているiPhoneが机の上に置いてあっても、誰も不自然には思わないでしょう。しかし、探偵が秘かにターゲットを撮影しているかもしれません。撮影しているのはiPhoneではなくスマホケース。しかも、ケースの底面にレンズがあるため、自分にレンズが向けられているとは夢にも思わないでしょう。

iPhoneケースにマイクとレンズ

iPhoneのスマホケースに擬装したカメラが、SeiTangの「HM52A」です。iPhoneケース自体に、カメラ・マイク・バッテリーを搭載しています。使い方は手持ちのiPhoneにカバーとして装着するだけと簡単です。

カメラのレンズがあるのはケースの底面。スピーカー用に開けられた穴のうちの1つがレンズです。マイク穴も同じくケース底面に設置。周囲の動きに反応して自動的に録画開始&停止をする、動体検知機能も搭載しています。

iPhoneでターゲットを撮影しようとしても、本体カメラレンズをターゲットに向けなければなりません。本体を立てておく必要があるため、こっそり撮影しようとしても周囲にはバレバレです。

iPhoneケースのカメラの解像度

しかし、iPhone本体のカメラレンズが向けられていないと、逆にターゲットの警戒心はグッと下がります。まさにこの心理を利用しているのが、このiPhoneケースに擬装したカメラというわけです。

しかも、3,000mAhのモバイルバッテリーとして使うことも可能。テーブルの上に無造作に置いているように見せかけながら、ターゲットを撮影できるでしょう。オフィスの自分の机を監視するときなどに重宝するはずです。

カメラの解像度は1920×1080ドット(AVI)、記録メディアは内蔵メモリ(8GB)。対応機種はiPhone7/6s/6となっています。サイズ/重さは約136W×63H×19Dmm/約168g。実勢価格は8,560円です。

【関連リンク】
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする
コンクリートマイクを実際に壁越しで試してみた

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「iPhoneケースに偽装したカメラは底面にレンズ