スマホで撮影した写真を自動的にクラウド上にバックアップするサービスを利用している人も多いでしょう。このスマホの写真バックアップが恋人の浮気の監視に使われているといいます。写真にはExif情報も残っているため撮影した場所も判明。自分のスマホの設定を今一度、見直した方がよいかもしれません。

スマホの写真を自動バックアップ

無制限に写真を保存できるフォトサービスが「Googleフォト」です。このアプリには自動バックアップ機能があり、スマホで撮影した写真を自動でクラウド上に保存してくれます。

このバックアップ先をこっそり特定のGoogleアカウントに変更しておくと、撮影した写真がすべてそのアカウントに送られてしまうことに…。写真にはExif情報も残っているため、撮影場所を調べることも可能です。

具体的に、Googleフォトのバックアップで写真を特定のアカウントに転送する方法を見ておきましょう。まずはGoogleフォトアプリを開いて、特定のアカウントを追加しておきます。

特定のアカウントにバックアップ

アカウントを追加したら「設定の変更」をタップ。「モバイルデータ通信を使用して~」にチェックを入れておけば、スマホで撮影するたびに特定のアカウントに写真がバックアップされるというわけです。

さらに、スマホのGoogleアカウント設定を開いて、特定のアカウントとの同期をすべてオフにしておくのもポイント。これで特定のアカウントを追加したことがバレにくくなります。

あとは監視用のスマホのGoogleフォトに、ターゲットのスマホに仕掛けた特定のアカウントを登録。これで恋人が撮影した写真が転送されてくるわけです。気になる写真を見つけたら開いて、下部の「i」ボタンをタップ。Exif情報が表示されます。撮影場所が記録されていれば、マップにその場所を記すのです。

【関連リンク】
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
Cerberusはスマホを遠隔操作できる最強アプリ
無音カメラアプリを無料で探すなら「忍アプリ」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「スマホの写真バックアップで恋人を監視する手口