4回目の大型アップデートとなる「Fall Creators Update」を公開したWindows10。大型アップデートの度に機能が追加されるWindowsですが、今回も各種機能が大幅に拡充されています。そんな最新Windows10では市販セキュリティソフトは不要といってよいでしょう。ランサムウェア対策も万全です。

Windows10はセキュリティ標準搭載

最新Windows10では、市販セキュリティソフトはもはや不要。世の中にはさまざまなウイルスソフトがありますが、はっきりいってセキュリティ対策は標準搭載の「Windows Defender」で十分です。

しかも、OSレベルで組み込まれたシステムなので動作は軽快。大抵のウイルスは検出するので、無駄に豪華な付加機能の付いたセキュリティソフトでストレスを感じる必要はもうありません。

もし無料ソフトをなんとなく使っているなら、今すぐアンインストールして「Windows Defender」のみに絞るべきでしょう。ウイルスソフトの脆弱性を狙うウイルスも存在し、セキュリティソフトを入れる方が危険という見解もあるほどです。

Windows10のランサムウェア対策

感染したPCをロックしたり暗号化したりして「身代金」を要求するのがランサムウェア。感染が拡大して問題になっていますが、実はこれもWindows10の「Windows Defender」の機能にて効果的に防げるのです。

ランサムウェア対策の設定は、WindowsDefenderセキュリティセンターで「コントロールされたフォルダーアクセス」をオンにするだけ。フォルダの暗号化を無効化できます。

「コントロールされたフォルダーアクセス」を使用すると、許可されたアプリしかフォルダにアクセス不可。このため、たとえPCがランサムウェアに感染しても、フォルダが暗号化されてアクセス不能に陥ることはありません。

【関連リンク】
迷惑メールのお金を受け取って系に返信してみる
匿名メールで正体を明かさずにメール送信する
USBに挿すだけでバックドアが作れるデバイス
Tor Browserを使って完全匿名で情報収集する
ネットストーカーの情報収集テクを知っておく

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「最新Windows10は市販セキュリティソフト不要