SNSやスマホの普及で、かつてないほど増えている浮気と離婚。浮気調査で探偵が張り込みで利用するのがワイレスヘッドホンです。他の調査員との連絡などに使用します。そんなワイヤレスヘッドホンの中でもソニーの「MDR-1000X」は別格です。ソニーのワイレスヘッドホンで探偵はどんな機能を重宝しているのでしょう。

探偵の張り込みに使えるヘッドホン

ソニーのワイレスヘッドホンで探偵の張り込みに使えるのが、雑音に邪魔されず目視に集中できるノイズキャンセリング機能です。装着時の個人差を検出してユーザーに最適化。周囲の騒音を逆位相でほぼ完璧に打ち消す業界最高クラスの高性能です。

また、Bluetoothによるスマホとの連携で、ヘッドホンと音声による操作で電話をかけるハンズフリー通話機能も探偵の張り込みに便利。スマホをカバンから取り出すことなく、調査員間のスムーズな連絡を実現します。

そして、このワイレスヘッドホンの最大の特徴がクイックアテンションモード。右側のハウジング部を手で覆えば、ヘッドホンをしたままでも瞬時にマイクが周囲の音を取り込めます。

探偵は張り込みで会話をチェック

クイックアテンションモードは一般的には、音楽再生中に車内アナウンスを聞き逃さないようにしたり、コンビニで会計時に金額を聞くためのもの。探偵は音楽を聞くフリで張り込みしながら、横にいるターゲットの会話をチェックするわけです。

調査ターゲットにしてみれば、ヘッドホンをしている人物が、付属の高感度マイクで音声を拾っているとは夢にも思わないでしょう。また、周囲の音を取り込み、音楽と一緒に再生するアンビエンスサウンドモードも搭載。音楽を止め「ボイス」選択で、より明瞭に声が聞き取れるのです。

ワイレスヘッドホンの再生周波数帯域は4Hz~40,000Hz、電源はリチウムイオン充電池です。音楽再生時間は最大20時間、伝送方式はBluetooth、サイズ/重さは228.6W×203.2H×101.6Dmm/約275g。実勢価格は37,800円となっています。

【関連リンク】
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする
コンクリートマイクを実際に壁越しで試してみた

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ソニーのヘッドホンで探偵が重宝する機能とは?